記事一覧

世界中にある日本人学校で、現地人の受け入れ開始♪

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/1/20(日) 午後 5:53

ファイル 8325-1.jpeg

今回の写真

(∇〃) .。o(この画像は、Internet上で拾って来た物です♪)

「あたいでも、入学できるかなぁ~♪」

(∇〃) .。o(『にゃぁ~と』は、むりっしょ♪)

世界中に認められた日本人学校♪

 世界中で滞在している日本人の為に設立された
学校などにて、現地における生徒の入学などを、
可能にしたらしい!

・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

Arab(あらぶ)首長国連邦(UAE)でも!

 Arab首長国連邦(UAE)のAbu Dhabi(あぶだび)首長国は、
2006年から自国の幼児達を日本人幼稚園に入学させている♪

Arabに付きましては・・・

 Arab地方における石油資源は、人類にとっては、とても重要な
資源であったが、それを人類と言う観点で見ると砂漠等の僻地で
長年にわたり文化を営み、その地を保守してきたと言う事などは、
とても重要であると、私は、想っています。

 但し、それ迄における歴史には、多くの犠牲者がでていると、
言う事も事実であって、現状においても治安が日本と比較して、
安定しているとは、居えない状況にあるようです。

 そうした異国の文化が日本の教育を受けてみたいと試みる事は、
日本国憲法前文における内容に合致しているのかと想われます。

日本国憲法 前文 一部抜粋

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する
崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と
信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。
われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に
除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたい
と思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、
平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を
無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なもの
であり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に
立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と
目的を達成することを誓ふ。

日本人としての誇りは、要らない?

 日本人による日本時の誇りは、必要ないかと想う。
それは、あなたが日本国籍を有し、日本国の憲法や
法規に伴って国内で活動し、国外での活動にては、
その赴任先国の法規に従い活動をするだけで良い。

 日本人として誇りを自覚する以前に、周囲の誰もが
『日本人として誇りある人だ!』と誰もが言うだろう。

 その時に自分自身が『日本人だったんだ・・・』と
自覚されても、時わ遅くないかと想う。