記事一覧

捕鯨における問題

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/2/2(土) 午後 5:48

ほぇ?

 いや、捕鯨(ほげい)である!

 少なからず捕鯨行為が、国際関係を歪めつつ、
その原因などを撒き散らしているだけでなくて、
別段に鯨の捕食を然程に望んでいない私などに
とってみれば、迷惑行為でもある。

捕鯨の利益?

 造船、商社、海洋学的な調査、程度の利益で
あって、之と言って国民に利益が多いとわ言え
ない行為である。

 仮に捕鯨が解禁になったとしても、捕鯨船の
造船によって造船会社の利益と、それに関連し
捕鯨によって得られた個体の利益分散(肉や、
油、ひげ、などの部位における利益)などを、
市場に流し、利益を得る。

 国民の利益としては、最終的に消費をすると
言う観点になるが、然程に利益分配がされない
代物であり、漁業の促進にも役立たない。

 漁業促進面では、特定の捕鯨業業のみであり、
従来からの漁業が促進をされる訳でもない。

鉄鋼、造船、商事会社の・・・

 経済的な関連のある財閥がらみの活動だとも
思われ、更に現行首相が関係をしている企業が
それに関連をしているのかとも、予測される。

 さもなければ現行総理に変わってから頻繁に
捕鯨に関する問題が浮上をするわけも無い。

 米国的な活動をしているようにも思える節が
あって、国益と言うよりも利己的である。

私は、捕鯨にわRiskの観点から反対である

 結果的には、国際紛争を巻き起こす原因を、
日本国土周辺ならともかく、海洋迄を越えて
撒き散らしているだけに過ぎない。

 それにおける損益の方が大きく、Animation、
その他の色々な日本の製品が、世界中で消費を
される状況にあって、反感を得るような活動を
行っていると言える。

 国内事情で国民から『目くじら』を立てられ、
安定していない国会事情にある中で、他国から
更に『目くじら』を立てられる状況は、国民と
言う立場で、遺憾である。

 日本国の国家は、捕鯨調査よりも日本国民の
『目くじら』を捕獲する調査をされたい。