記事一覧

移民者へのManner(まなー)教材の配布! - 英国

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/2/6(水) 午前 1:48

ファイル 8330-1.jpeg

今回の写真

(∇〃) .。o(この画像は、Internet上で拾って来た物です♪)

隊員A「移民によるMannerの問題だってよ!」
隊員B「安心しろ!俺達、SASが探しているのは、『むーみん』だ♪」

遅い・・・w

 とわ思われるのですが、日本国でも
それらを徹底していないと言う観点で、
更に遅いと言えるでしょう・・・w

知らないのに、責められないでしょ!

 これは、法律の分野でも同じ事が言えまして、
知らないのにも関わらず、「法規で、決まって
いるんだ!」等と言われれば、私だって笑顔で
敵意を相手に悟られないように、その場を取り
繕い、後にて処分を・・・爆

 その現象は、公務員に多く見られる現象で、
その次に見られるのが、不思議と暴力団などで、
次に色々な団体(企業、会社を含む)などで、
私のように個人的に規則に拘ると言う人は、
日本人でわ少なく、むしろ、そうした意識が、
他国の人と異なる点です。

ちなみに日本人は、憲法すら理解していない・・・w

 それは、私だけだと思われますが・・・w
しかし、誰しもが「私だけ♪」と想っている
状況にあるような・・・w

 さて日本国の場合には、憲法が余りにも、
高度過ぎたようです・・・(。-`ω-) ん~♪

 世界規模でも見ても、かなり国民個々にと
理解させるのが難しい状態にあるようですが、
それを突き詰めると、人の心理を戦略的なる
部分で意外にも、負義の力等を封じ込めるが
如くに、色々な罠が仕掛けられています♪

 皇室を除き、むしろ熱心な宗教信者などを
含めても、日本国の法規全てを守ると言った
ことが難しい状態のようです。

 なんせ政治家の誰一人ですら、守れないと
言う程であって、むしろ不法行為などを隠蔽
(いんぺい)する為に学力が必要なほどです。

 ちなみに公務員試験も同様のようです・・・w

英国は、志の文化だけど・・・

 貴族と言う身分が芸能化しており、収益が
多く、どこぞの宗教団体の広告当の役割等を
行なわせる為に、色々な称号を与えており、
中には、それを拒否したり、受け取っても、
「嬉しくない」と表する人も居るらしい。

 その点では、不思議と日本国の場合には、
然程の価値を一般的に示さない勲章などでも
やはり嬉しいと思う人が多いようです。

 がぁ~・・・、すこぉ~し近代になって、
自己に対する志が、世界観にと目覚めた人が
日本人でもおりまして、勲章の授与を拒否し、
「自分は、世界の人に支えられている」との
意識を強めている人として誇らしい日本人も
居るようです。

で、移民に関する問題なのですが・・・

 特に法律や慣習における問題が重要視され、
日本国でも、問題視されています。

 但し、同じ日本国民に・・・w

 『ねっと難民』『NEET移民』とか・・・爆

 そんな日本国内の事情でも、彼らが楽しく
仕事ができる場を提供するのも国家の勤めで
あり、国民に奉仕をする立場にある公務員が
適切に行政Serviceを行なえる事が大前提に
なっております。

 司法を含めて・・・(-ω☆)キラ~ン♪