記事一覧

合法的に戦略するなら、今です♪・・・w - 米国

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/7/12(土) 午後 0:41

ファイル 8408-1.gif

米国の土地を買い占めろ♪

 こう言う所に、着目をする事に劣っているのが
Terrorismである・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 ちなみに、こう言う所に着目をしたのが、昭和
中期の日本国であった。

どうして?

 資本主義の欠点で『投資と言う概念は、土地を
購入することである』と誤認をしている点が有る。

 実は、資本主義の観点で「投資をすること」と
言う行為に対して、その根源を追求すると二つの
説がある。

1.利益が見込まれる商業、産業などに出資をする。

 A.土地を購入する
 B.株式を購入する(又は、発行をする)
 C.債券を購入する(又は、発行をする)
 D.市場において、後に値上がりする可能性のある物を、先物として取引する。

2.その活動に経済的利益が見込まれないが、必要性が高い出資(寄付、贈与)

 A.各種Volunteer(ぼらんてぃあ)
 B.Volunteer以外の非営利活動

 ところで、この投資の部分を利用をすると安易に
合法的に資本主義的な国の場合には、占領できる。

本当に占領ができるの?

 かつて日本国は、高度経済成長期を迎え、米国の
土地を一斉に買い占めた事がある。

 その行為の中でも、映画で知られるHollywoodの
土地を一斉に買い占めた時期があったそうです。

 この外にも、自動車産業における工場の進出や、
企業などの進出には、現地の企業を通してでなく、
日本企業として出資を行なっている。

 日本は、戦争に負けましたが、後にて資本的な
戦略によって、米国に勝ったと言われています。

 でも、本当に買ったと言うなら、米国大統領に
なることも必要かもしれない・・・w

日本人は、持ったよりも平和的で、農耕開拓型の人員である

 そうした日本人としての気質等は、世界的にも
認められており、海外移民を行った日系人による
活動は、現地にて高位な公的地位を得られる程に
至っているのである。

 又、だからと言って、日本国としての連帯を、
強化するのでわなく、現地での文化を重視して、
その国を繁栄させる為にと、心身を投じている。

 平成生まれの人は、あまり御存じないのかとも
想われるのですが、昭和初期に日本人は、色々な
国にと、農耕的開拓民として、日本から世界中に
移民をしています。

 しかし、領土占領的な意識が強まった後では、
統合的な志向が強まってしまい、軍事統治下にて
領土を支配的に活動するようになり、ASIAの
地域を中心に、文化的な思想の拡大が展開する。

 その活動が戦争の大敗によって、終結したが、
むしろ、それによる後での利益の方が大きかった。

 そして、その戦争から日本人が学んだ事がある。

 軍事を用いなくても、日本人として海外諸国に
勝てる方法があり、そうした高位が合法的で且つ、
不必要に、相手を暴力的に脅かす事なども軍事に
比べて無いのである。

 戦後の日本国民による経済的活動は、異常とも
言える程に、急成長を迎えて行きます。

 人体に例えるなら、第二次性長期を迎えたとも
言えるでしょう。

 戦争に負けつつも、己に負けない・・・。

 海外で活動をする自己に対して発生をする敵は、
常に己の中にあり、『それを負け犬根性』として
一般では、言われていたようです。

 自動車産業(自動二輪を含む)、科学、医学や
あらゆる部門の研究者が西洋諸国にと散開をして
活動をしてたのである。

そうした日本人の展開と似た事をしている国がある

 Indiaである・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 Indiaでは、独自の文化性が強いと言われてる。
しかし彼らによる海外での活動は、軍事的活動を
展開するよりも、貴重であるとされている。

 現代の先進国における電子的開発分野に必要と
されるProgrammer(ぷろぐらまー)等にIndiaの
人が起用される事が多く、その評価も高いのだ。

 こうした電子機器の開発に伴うProgram開発は、
企業における脳細胞に値するが、そうした部分を
他国の人員が協力的に参加をすると言う状況は、
逆に、それ程に企業人として相手を信頼している
ことになる。

 また現実的な結果としても双方で利益を得て
いるのである。

 その双方での利益と言う観点では、India人は、
India人としての信頼を得つつ、個人的な信頼も
得て、且つ企業に貢献的な信頼を得ている。

 そうした人間関係は、軍事的な支配等における
行為よりも有益で、有効であり友好的である。

 日本国も、真珠湾攻撃(米国への宣戦布告)を
行うまでは、多くの国民が西欧諸国にて日本人と
言う立場で、現地のあらゆる研究機関で貢献的に
活躍をしていたのである。

 そうした日本国の結果ら見ても、軍国統治との
観点で、成功をしたと言う国が今の所だと存在が
ないのであって、現行に於ける軍事的な政権国は、
その殆どが経済重視の諸国に劣っている状況にと
あるのだ。

結論

 体を売っても、心は売らない・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 それは、口実であって、実際にわ感染病などを
防ぐこと(虫歯や、色々な感染病を含む)から、
濃厚な接吻(DeepKiss)を行わない為にある。

 土地を売っても、文化を売らない!

 必然的に土地を得た物は、その土地の文化等を
知る事となる・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 っとの要望策があったのかは、不明である・・・w

 もともと米国は、西欧人が荒野などを開拓して
建国した国であるとされ、原住民であるIndianと
文化的な共存をかけて、戦う日々もあったらしい。

 客観的にIndian(いんであん)が、敵であって
有害的な人員であると見られるような展開にて、
物語が進む映画などがあるが、実際においては、
西洋人達が、現地で文化を営んでいたIndian達の
遊牧的な生活を脅かしたのである。

 つまり侵略者(=invader:いんべーだー)は、
西欧人と言う事になる。

 人は、不思議と文化的に相手が劣っているとの
見解を得ると、相手を支配したくなる傾向にある
らしいのです。

 現行の日本国では、その逆であり、皇室などの
人員は、むしろ強制的に高度な文化を強いられて
日本人としての象徴的な地位を保持している。

 つまり日本の場合には、国民に強要させられて
特定人が高度な文化を強いられているが意外だと、
利己的に、支配をしようと目論む輩などによって
統治などが行われている。

 日本の皇室(及び王室)は、そう言う観点で、
此れまでの文化的な意味合からでの王室と言った
観点からは、異なるようである。

 
 領土における問題は、現在でも発生をしている
状況にあり、日本国でも民にて、不当、不法行為
などが生じて、その制裁を他国から受けることが
あるようである。

 例えば、密漁などが、それに値すると言われて
いる状況にあるが、日本国の民が相手領土を侵害
することもあれば、相手国の民が領土を侵害する
ことも有るようです。

 又、そうした状況を悪用して、麻薬や武器等の
密輸入が行われていることも、指摘をされている
状況にあるようです。

 こうした問題は、領土的な問題だけでなくて、
他の犯罪行為なども温床するに至っていることが
解るかと想われます。

 合法的に相手国の文化にある土地を有するとの
行為結果は、それだけ人としての能力があった・・・
っと過信をせずに、新たなる平和的な能力や融和
などに纏わる能力を収得する意欲などに繋げると
言う意思が、人として必要となるのかと想われる。

 私は、格闘技における首位者を善く評価しない。
只単に、暴力的な技能の象徴でしかないのである。

 私的には、ニ番目の人員が重要視をされている。

 暴力的な象徴における首位の人員の攻撃に耐えた
と言う事を評価しているのである。

 そうした観点から、ふと思うのですが、Sports
などの評価の時に、最高と最低の得点を削除して
平均する計算方法があるようです。

 こうした得点の集計方法を、一般の人が解釈を
どのように想うのか?

 然程に気にせずに、見てるSports観戦ですが、
本当の評価は、主催者側の思惑と、観戦している
個々の人とで、少し異なるようです。

 しかし主催者側の思惑には、それ相応のSports
Spirit(すぽーつすぴりっと)を観戦者に理解を
求める密かなる仕掛けなのかもしれません。

 表見的には、只単に平等性を得る為の対策かと
想われがちですが、そうした単純なる行為こそが
意外にも見方を変えると・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪