記事一覧

相変わらず陸軍の自殺者が途絶えない! - 米国

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/9/12(金) 午前 1:56

ファイル 8416-1.gif

増えている陸軍の自殺者

 そもそも、経済的な貧困層を狙って
人員勧誘を率先している米国の動向に、
大きな疑問がある。

 米国の軍人における勧誘方法には、
『1.経済的な事情、2.学力の低い者』と
第二次世界大戦後から提唱されている。

 また一時期には、黒人を優先的にと
的を絞って勧誘した時期もあるらしい。

ところで軍人とは、?

 正義の名の下に、軍事目的を遂行して
その代償に、自らの生命における危険が
含まれている特徴もあるが、その反面で
相手の命を奪うことも、作戦によっては、
求められる。

 現状では、身障者も起用され弾除けに
使用されたと判断できる出来事なども、
NEWSの話題に取り上げられている。

 そうした状況で、半ば強要をされるに
等しく入隊を行い、後に戦死をしたり、
兵役満了後も、精神的な障害を受けると
言う事情も発生したり、Homelessになる
など、その二次的な被害が大きい。

 そもそも、他人の命を奪いに行ったと
される人員を、いかなる理由であっても
世間一般的に受け入れ難いと考えるのが
普通である。

 そうした状況の中で、勤務中に自殺を
遂げる人員が、米国で増えている。

<参考 CNN.co.jp>

日本でも発生している隊員の自殺

 軍隊内における同僚の『虐め行為』は、
だいぶ前から確認をされており、かなり
上層部の人員も、虐待に参加をしている
ことなども解っている。

 それは、刑務所などでも発生している
とも言われており、日本国の刑務所では、
刑務官が囚人を虐待していた事が分かり、
一時期に世間を賑わしている。

 私の判断だと、病死などとの名称にて
処理されることも多いのかと想われる。

 特に相撲界にて事件で発生をした虐待
などにおける致死事件にて埋葬までもを
引き受けて事件の隠蔽を試みたとされる
相撲部屋での弟子虐待事件にもあるが、
埋葬を引き受けるとされる場合などでは、
基本的に妙だと判断した方が良い。

結論

 どのような理由であれ、他人を殺すに
値する行動を行ったのであれば、相応の
代償を追う事となるのかと判断する。