記事一覧

女王が、GooglのOfficeを訪問する予定♪ - 英国

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/9/13(土) 午前 1:47

ファイル 8417-1.gif

なんとYoutubeに王室Channel(ちゃんねる)まで設置!

 QueenElizabethは、孫ともE-Mailでやりとりを
するほどに、IT関係の機器をこなすとのこと♪

 そして今回、米国のGooglのOfficeを訪問すると
言うことを決めたそうです!

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

QueenElizabethは・・・

 英国内でも、母国語における発音では、多くの
国民が憧れると言うほど、綺麗な英語をで話すと
言うことでも有名です。

 又、PrincessDianaが永遠の床に付いたとされる
状態であっても、涙を見せなかった女性としても、
評価されています。

 彼女は、82歳になるという事ですが、物事に
対する関心は、少女の如くに衰える事が無い感じ♪

 過去には、王室のSecurityを突破してQueenの
寝室に潜入した男性に対して、御茶を出した言う
ほどの女性である。

 そもそも男性も、Queenに危害を加えると言う
つもりも無く、色々な意味合いで間近に彼女を、
見たかったとのこと。

 現在では、先進国の女性における象徴になって
いるのですが、その半面で王室の財政難が指摘を
されている状態にある。

・・・(。-`ω-) ん~♪

日本の皇室は?

 先に釘をさしておくが、今更にYoutubeで等と
宮内庁が考えることは、避けらたい・・・w

 日本の皇室は、その殆どが税によって賄われて
いることからも、英国よりも経済面で有利とされ、
民主と言う観点からも、王室のあり方が問われて
いる状況にありながら、さり気無く人気があると
言うのが日本の皇室である。

 英国では、やはり軍事などの面で狩猟的活動を
栄誉としている点があり、SwissやSwedenなどと、
異なり、又Australiaに対して文化的意味合いから
差別的な扱いを行って居るようである。

 逆に日本国の王室とAustraliaとの関係において、
現行の皇太子殿下が少年期を留学生として過ごした
国でもある。

 日本に限らず世界中の王室、皇室が、何だかの
理由によって、閉鎖、排他されている状況にあり、
その数も減っていると言われている。

 日本国では、皇室典範の規定によって、女帝を
許されていない事と、男女平等との観点から等で
一時期に論争になったが、悠仁王の誕生によって
今のところ、安定をしている。

 が・・・。

 雅子妃殿下の病状なども、密かに多くの国民が、
心配をしていたりする・・・(。-`ω-) ん~♪

映画でもQueenが・・・

 私の考えだと、来月に来日するCharles皇太子と
言う以前にQueenElizabethを呼びたいとReportを
数年前(AmericaをQueenが訪問した時に、Bushが
「私を息子を見るような目で、見ましたね♪」と
言う報道に対して「孫の顔を見に来ないか?」と
打診したReportになる・・・w)に作成したが、
Charles皇太子が来るとなると、むしろ厳重警戒
体制の必要があるのかと・・・w

 さて、その展開に対して私は、次のReport等を
用意しようと考えている・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

  • -- 内容

 何かと忙しいとのQueenElizabethの変わりに、
Ilyena Vasilievna Mironov/Елена Васильевна Мироноваが
日本に来てくれても嬉しい♪

 英国王室の御墨付きとなる彼女のQueenに纏わる
演技なら日本の誰もが彼女をQueenの変わりとして
喜んで受け入れるだろう!

 彼女によるQueenの演出に、英国が称号を与える
ほどなのだから・・・w

 ぜひ、Charles皇太子殿下と御一緒に・・・

  • -- 以上

 っと、英国風のJokeを送ってみるのも、良いかと
想われるのである・・・w

 さて、洒落の解る英国王室だと次の返答を期待・・・w

  • -- 内容

 Terrorismなどの危険性を考えるなら、いっそ孫も
代役にして、日本に向かった方が良いかしら?

              Queen Elizabeth

Ps
 こんな英国の紅茶に合うような、Jokeよりも、
米国のAmericanCoffeeにあうような返事の方が、
今の日本には、あうのかしから?

  • -- 以上

 などと、返答が返ってきたりして・・・w

(∇〃) .。o(もぉ~こんな返事が返って来たら、大好きになってしまう♪)

想像で喜んでいる場合では、ないのである!

 実際に日本に着てくれたら、嬉しいけども、
孫と言う意味合いでの国としては、どのように
受け止めてくれるのかが、問題である!

 EU圏における日本との経済外交は、然程に
利益の有る物でもないらしく、もともと生産性
などより、管理Serviceによって成立っている
状態なので、大いに海外貿易と言う観点では、
今度の生産性に纏わる部分で、市場の開拓等が
必要とされる。

 そして後には、中東における問題と、新たに
期待される石油資源における市場(南Osetiya)、
天然Gasにおける中華人民共和国、大韓民国との
絡みもあり、海域において漁業に纏わる交渉も
必要とされている。

 これらの観点からも、多いに外交面の活性化
などと言う意味合いでは、その能力に長けたと
される人員が、国会でも求められている。

 いっそ海外の皇室にも、首相の投票権などを
与えたいぐらいだが・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

っと言うわけで・・・

 とりあえず小池百合子代議士に、国民の目を
向けてもらって・・・。

 他の国会議員は、司法改正の調査をされたい!

 国会で議会にするのでなく相応に業務改善を
されたい。

 又、来年の春以降には、多くの一般人による
訴訟の受け入れ態勢に付いて、万全の体制等を
整えられなければ、相応の司法人員に、相応の
被害が及ぶ可能性を否定できない!

(∇〃) .。o(つまり、民と司法人員とでの紛争♪)

 本当は、今時期までに設定して去年からの、
経済的な理由における、自殺者約8000人、
その他、刑事犯罪の抑制効果、発生率の減少と、
再犯の発生減少、そして不当、不法行為などの
不利益性と、訟廷における解決の有益性・・・。

 更に、国民ここにおける自衛の概念・・・。

 実数、経済的理由での自殺数8000人を、
割れず・・・つまりは、間に合わず・・・。

\(__ ) 交通事故減少のようには、改善されないらしい!

 尚、現行の東京高等裁判所、次席、主席に対して
罷免の理由などが揃ったので、それを検討しつつも、
移動によって免れることなく、その責任を合法的に
追及する準備を行っている。