記事一覧

Putin(ぷーちん)通り?と彼の戦略

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/10/11(土) 午前 0:14

ファイル 8429-1.png

当の本人が、快く想っていない・・・w

 Russia南部にあるChechen(ちぇちぇん)共和国の
政府が、首都にある通りの名称を「Putin大通り」に
改称すると表明した。・・・(´・з・):;*。':;ぶぅ!

 それに対して当のPutin首相が、心地よく想っては、
いないとのこと・・・w

怪しい演出・・・w

 さて、NEWSWEEKによって、朝鮮民主主義
人民共和国内に、Russia正教の教会がある事などが
発覚しておりますが・・・w

 独裁的な印象を好んでいないと言う事を国際的に
演出するには、丁度いい感じですが・・・!

じろ (¬ω¬)・・・→Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 近年のRussiaに於ける活動は、そのBackupなどが
万全であり、活動の全てが、どのように転じても、
自国に有益な印象をもたらすように対策されている。

 例えば、最近だと日本海沖にRussiaの爆撃機にて
定期便が通過をした時に、日本国の航空自衛隊にて
初期に2機の戦闘機、次いで新たに2機が追尾等を
行い、それに対してRussia側でも応援的に、2機の
戦闘機を発進させている。

 さて、その後に・・・。

 柔道の山下選手とRussiaのPutin首相が柔道にて
友好的な教材を作成したと発表される。

 これ以外にも米国のMissile(みさいる)配備に
応戦的な配備を検討すると公言しておきながらも、
更に米国が非難をすると、国連に軍縮協定などを、
提出してみたり・・・w

 どうも、結果が見ている活動をしている!

さて、ここからが『よろFiling』による推測である!

 世界中の旧約、新約などに纏わる教会などにて
先進国における信者の動向が、あまりにも悪いと
言う状況になっている。

 それに対して唯一の清純性を期待できるのが、
復活したRussia正教であって、まぁ~FreeMasonが
関与していないわけが、無いと想っている・・・w

 つまり、あまりにも信者の素行が悪く、挙句に
牧師や、神父までもの素行の悪さが、国際的にと
広がってしまい、Compliance(社会的な倫理性)
と言う観点で、問題視をされている。

 更に拍車をかけて、India人による国際的なる
活躍もあって、Yoga(よぉ~が)などが西欧での
諸国でも、受け入れられつつ、仏教などにおける
関心がかなり高まっている。

 現状での西欧諸国における信仰や、日本国など
経済先進国における信仰の理由は、基本的に一つ!
『利己の利益を向上できるから・・・』であって、
その醜態によって回収された経済効果利益等にて
宗教団体が運営をされている。

 つまりは、Mafia(もともと経済向上集団)と
同じ状況になっており、基本的に神仏で無くて、
教祖を中心に展開をしている。

 鵜飼の『鵜(う)』と、信者の状況が似ている
状況になっていると言えば、解りやすいだろうか?

 同性愛や、肌の色、あらゆる部分で排他的にと
なって結果的に人権を侵害する旧、新約聖書系の
宗教であるが、仏教の場合には、教えと個人との
人格は、別物とされている。

 仏陀の生い立ちなどを学んだことが有る人だと、
知っているかと想われるが、釈迦族の王であって、
妻と子供がありながら、出家をしている。

 後に、ひもじくて倒れるところを『すじゃーた』
により『乳粥(ちちがゆ:羊の乳と御米?)』を
食べさせてもらう。

( -ノω-)こっそり♪<CoffeeのMilkにも似た名前があったね♪

 その後に、色々と人間関係を経て、問答などを
繰返して(Socratesと、Aristotelesみたい)は、
色々と人間関係を学んでゆく。

 そして菩提樹(ぼだいじゅ)の下にて瞑想を、
行なっている時に悟りを開いたと言うのである。

 一般の男子は、悟りを開くよりも、女性の股を
開かせる方に関心を寄せるのが、一般的である!

 また、そうした男子からの攻撃により女性側の
努力があって、双方での恋愛攻防がある・・・w

( -ノω-)こっそり♪<象形文字的に『努力』って、どう解釈するんだろうね?

 ところが、釈尊も結果的には、子供も造りつつ、
出家をしているのであって、性欲よりも、出家を
選ぶほど、○○○が飽きたとも考えられる・・・w

(∇〃) .。o(何に飽きたんだろうね♪)

 つまり、木の下で『気にしない』ことを悟り、
「そもそも木は、動かずに、長寿を生きつつも、
文句を言わず、雨にも、風にも、嵐にも負けずに、
淡々と、生命を続けているのである」と言う事を
悟った・・・のかな?・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 そして『想像力と想像力の関係』などからは、
現代的に言う『ImageTraining(いめーじ、とれー
にんぐ)』や、『想像だから安易にできる発想の
転換』などを思いついたのかな?

 つまり想像でSimulationしゅみれーしょん)が
できたのかと想われるのである。

 Einstein(あいんしゅたいん)も、『無』に
関心を抱いており、私も『愛をLove=零』との
誤解をしていた。

 英語でのLoveは、Sports競技(ぺに・・・いや、
Tennis)などで、零を意味する。

 しかし『零の理論』は、『無』でありますが、
そこから何か産まれるには、発想(いめーじ)
などが必要になると考えつつも、結論的には、
「愛は、約束された未来である」と万学では、
現在のところ解釈されています。

 さてEinsteinは、相対性理論から基点となる
『零』が何を意味するのか、非常に関心を抱き、
仏教にも関心が有ったと言われています。

 結果的に何を得たのかは、解りませんが・・・w

( -ノω-)こっそり♪<『約束された未来』って想ったかな?

 でも聖書の登場人物も、もともと旧約だと、
王家の血族が一人、捨てられた後にて、後の
成長によって、大活躍をする。

 色々な奇跡があっても、自然的な意味合いと
言う観点で、かなり現実的であることが立証を
されているのが旧約聖書であるが新約だと・・・。

 ¢( ゚゚)ノ゜彡◇ ぽい♪

 新約の場合は、人を神と祭る事とになりつつ、
結果的には、Christの人生道に於ける物語にと
なっており、何ら神と関係なく、下手すれば、
Christは、精神異常者か?となる・・・w

 私に言わせれば、只単に日本国で言う所での
『聖徳太子』みたいな人物であって、つまりは、
一般人に無いとされる能力を有した者であって、
別段に神仏では、無い・・・(。-`ω-) ん~♪

 そもそも『聖徳太子』も疑問視される人物で、
Christと同じく奇妙な存在であるが、双方とも
かなり似ている事が解っている!

 ちなみに10人の発言を聞き分けられたとも
言われている『聖徳太子』だが、現在における
『Intelligence理論』から言うと、先行して、
情報を入手していれば簡単に、相手の問題等を
言い当てることが可能である。

 Christも、聖徳太子も、只の戦略家であると
私は、判断をしていると言うのが、現在にての
万学的な見解である・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

==== さてPutin(ぷーちん)首相ですが・・・====

 感覚的には、かなりの戦略家であるのかとも
想われ、それを然程に悪用をしていないことが、
欧米文化と異なる所である。

 基本的に欧米文化では、敵対する人の生存は、
許さないとされるのが基本で、融和の余地は、
無いのかと判断される。

 融和理論から考えれば、SubprimeLendingでの
問題以前に、読み書きなどができない国民達を
戦場にと向かわせることは、無い。

 その点での日本国では、基本的にある程度の
学力が無いと、むしろ入隊的無いのが自衛隊で、
学力が無くても、入隊後に徹底して教育などを
される・・・w

 大韓民国では、『健康なる身体と愛国、正義』
などと言う観点で、徴兵制があった。

 比較的に小柄とされた大韓民国人も、世代を
経て体格が善くなったが、後にて悪意ある人も
体格が善くなって・・・だめっぽ  ○| ̄|_

 しかし日本の自衛隊も少し戦略が甘いかとも
一人の国民として想う所があり、先日のRussia
爆撃機による日本海沿岸での飛行に付いても、
実践を想定すると、爆撃機の下に潜水艦などを
配備している可能性も高く、追撃した日本国の
自衛隊の戦闘機である初期の2機と、応援での
2機の内、潜水艦から発射されるMissileにて、
少なくとも2機以上が撃墜されるのかと想われ、
少し微妙である!

 Russiaの主張で言う『領土内を飛行してた』
と言う証言を元に推測すると、水中においての
Radar(れーだー)範疇から外れてたと想われ、
その観点から、水中から戦闘機を初期の2機を
迎撃、威嚇でき、更に追加の戦闘機で、応援の
二機を迎撃しつつ潜水艦のMissileで狙い撃ちが
できてしまう・・・(。-`ω-) ん~♪

 この観点を考えると、哨戒艦艇(しょうかい
かんてい)や、早期警戒機を必要としており、
戦闘機の配置的には、日本の国土や設備などの
状態だと、垂直離陸の方が防御しやすいのかと
考えられる。

 つまり今回は、日本海側に垂直離陸機などを
配備しておく事で、滑走路を使用せずに安易に
Scrambleができて、Missileによる回避行動や、
別枠で攻撃にと必要とされる装備などを考える
ならば、垂直離陸方の戦闘機で、且つ遊撃機を
追尾させつつ、第二班の追跡機を重装備して、
水中からの脅威を確認しつつ、その攻撃阻害と
迎撃の態勢をとる。

 これが私流の自衛手段である・・・www

 多分、自衛隊側では、もっと精巧なる対策を
想定して配備していたのかと・・・想えんな!

(。#`ω´) こんにゃろめぇ~♪

 週末にDateに行く自動車の燃料費を浮かせて、
軍備にまわせやぁ~・・・w

(∇〃) .。o(でも、自衛隊好きだったり♪)

 尚、自衛隊を軍事的な脅威から守と言うのは、
一般国民における外交責任(つまり交流)にも、
大いに関係をしているのかと想われる!

 自衛隊を守は、私たち一般の国民の役目です♪

( -ノω-)こっそり♪<この発言を『百合子ちゃん』にと、やらすと多くの隊員が喜ぶよね♪