記事一覧

経済学者の警告を聞かない、途上国の事情

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/11/11(火) 午後 6:06

ファイル 8456-1.gif

過剰なBIO燃料の原料生産

 途上国における農地の削減と、それに
おける農作物の生産量の低下、そして、
更なる食糧危機を招くとの警告などが、
予めに経済学者などから、されていた。

しかし・・・

 その警告が届いていない可能性なども
あって、更に途上国におけるBIO燃料の
原料生産には、先進国の企業が取引契約
などを行なっている可能性もあり、その
結果と言う観点では、とどのつまりが、
先進国によって引起されている現象だと
言う点に、焦点が合うのである。

・・・(。-`ω-) ん~♪

文化論からの観点

 文化を育むには、まず生きることを、
重視する基礎を固めることにある。

( -ノω-)こっそり♪<過剰に固めると、文化の進化と言う観点で足枷になるよ♪

(∇〃) .。o(改新、改定などがされない宗教観点が、好い例だよね♪)

 その原点には、まず『食』にあるかと
想われます。

結論

 食糧を入手できない状態で、貨幣が
あっても、何ら意味を成しません。

 いくら働いて大金を積み上げても、
食糧が入手できないと言うような状況
などでは、全くに意味の無い貨幣です。

 之における観点で物事を考えたいとも
想うのですが、先進国が利用をしている
などと言う意味合いでは、大いに疑問視
される無いようになるのかと想われます。

 こうした現象を防止する為には、その
事業に対して、先進国のどの企業が出資、
契約などを行っているのかを、国際的に
公開をする必要がありそうです!

・・・(。-`ω-) ん~♪