記事一覧

世界市場の事情

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/11/12(水) 午前 0:45

ファイル 8457-1.gif

London(ろんどん)市場

 円が高く金97円になっている。

 でもEU圏では、Euro(ゆーろ)が
主体となるはずなのに、何故にDollar
と言う感覚で、公表をするのか?

・・・(。-`ω-) ん~♪

NYで原油価格が下落中

 一気に下がってる原油価格に対して、
拍車をかけるように日本国も、Energy
と言う意味合いでの将来性を、原油と
言う観点から、太陽光にと切り替えて
いる事からも、大いに荒れている市場。

結論

 そろそろ欧米での市場より、全世界
規模での市場情報が欲しい所である!

 之までに、幻影的かつ美的にされた
欧州的な市場も、結果的に過剰な空想
市場の倒壊によって、人々が真実等を
見極めようと世界中の民が挑み始めて
居るようである。

 その観点から考えると古来から有る
市場よりも、新たに開かれる市場へと
倫理性や、関心と言う意味合いからは、
期待が大きいのかと想われる。

 その観点から考えるならば、やはり
市場と言う場所が、どこに存在をして
かつ、そことの取引が可能になるのか?
と言う事が焦点となる。

 それに伴って日々の市場戦や実際の
企業や、市場産物による品質向上など、
色々な面で世界規模で争われるのかと
想われ、そうした争うごとが新たなる
文明開化となる戦い方になるのかとも
想われます。

そして個々の利益に纏わる紛争の場としては、

 やはり訟廷がある事を忘れてならない
のかとも想われます。

 これにおける観点では、現代的紛争の
場で有ると公で認められており、それを
民が、利用しきれるのかと?と言う問題
などに至っています。

 公共機関として設置をされていても、
それを使いこなせなければ、意味も無く
まるで、『猿に聖書を持たせるかの如く、
豚に真珠、馬の耳に念仏』などのように
民にとって無利益な機関となってしまう。

 裁判所の沙汰も、金次第と言う事情も
問題視をされているが、そうなる部分で
改善が必要になるのとかと、想われます。