記事一覧

核兵器問題は・・・ - Syria

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/11/12(水) 午前 3:39

ファイル 8459-1.jpeg

かなり深刻なのかな?

 الجمهوريّة العربيّة السّوريّة(Syria)の砂漠
地帯設置された建物を空爆した後に、
その土地のSampleを持ち帰って分析を
行ったら放射能の検出が確認をされた
とのことです。

つまり・・・

 空爆を仕掛けたのは、米国であるが、
その武器に核兵器を使用したと・・・w

面白いよぉ~・・・_| ̄|○∠))ばん♪ばん♪

詰めが甘い米国と、真に受けるSyria

 ことの事実が何であれ、敵対していると
される相手から、何を言われても、相応に
好都合となる用件を、発する訳も無い。

 どちらが、どっちと言うわけでも無いが、
そもそも、軍事紛争を終結してもらいたい
と願うのが、日本の国民的な感覚になると
想われる。

 つまり、正当性の有る軍事的攻撃とは、
日本国憲法で認められない応対行為であり、
その観点から考えれば、設定に関与をした
DouglasMacArthurの監修意思に伴って、
米国の軍事活動を、合法だと判断できない。

 また、それを支援すると言う行為なども
許されないのかと想われる。

 軍事活動に対して、正義も負義も無く、
そこに有るのは、Terrorismの名の元に、
提供をされた『戦場』される、世界規模で
黙認をされた、『この世の地獄である』に
過ぎないのかと想われる。

 そうした『Terrorismより強い戦略』と
言うものは、どう言う物なんだろうか?

・・・(。-`ω-) ん~♪