記事一覧

Barack Hussein Obama, Jrも、凄いな・・・w

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/11/19(水) 午前 0:38

ファイル 8466-1.gif

政治の場には、敵を作らない体制を整える?

 日本と異なり米国などでは、大統領が変ると、
その配下の人員が、一斉に入れ替るという事が
言われている。

( -ノω-)こっそり♪<実際には、解りませんが・・・w

ところがBarack Hussein Obama, Jrは・・・

 日本国の内閣における大臣の起用のように、
敵対していた政治団体からも人員起用をする
とのこと・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

でも、よぉ~く考えて下さい♪

 私が、日本国の戦国時代における武将達の
心境などを、個人的な主観の基で探るならば、
「敵ながら、あっぱれ!」等として、殺すに
惜しいと言う人材が沢山に居たかと想われる。

 そもそも、人の欲する所の根源は、やはり
生活(広くは、文化、人類規模だと文明)の
向上となるのかと想われる。

 しかし極まれに、個人の思想を基にして、
文化向上の刺激を与える為に故意にて牽制を
する場合も有るようです。

( -ノω-)こっそり♪<そもそも、Terroristの方が、信心深いって知ってた?

(∇〃) .。o(過剰な思い込みや、暗示などもあり、精神異常とされる場合もあるけど♪)

『Chess(ちぇす)』と『将棋』の違い

 共に、GAMEを楽しんだ事があるとの
人ならば、解りやすい説明になりますが、
もし未経験の人が居るならば、頭脳の向上
などを踏まえて両方のGAMEを体験する
ことを。御勧めします。

 さて、その違いに付いてですが明らかに
異なるのが、『相手の駒を再利用できる』
と言う観点です。

 日本の将棋では、相手の駒を手に入れ、
それを見方の駒として、再利用が出来る。

 しかしChessの場合には、相手の駒を、
『殺す』と言う観点が、根強い。

 もともと、将棋も相手の駒を取るとの
観点は、無かったようですが、後にて、
色々と変ったようです。

 その他にも、囲碁と言うのがあって、
これは、『領土取り』になります。

捕捉>

 日本の将棋におけるGAMEの規定は、
『二人零和有限確定完全情報GAME』に
分類がされるとの事です。

 私も、そのGAMEと言う種目などを、
現状だと、理解をしていませんが、融和
と言う観点では、かなり重要視をされる
GAMEなのかと想われます。

( -ノω-)こっそり♪<遊びながら、学ぶことも大切ですよ!

力を利用する!

 もともと、政治家などが欲するのは、
世間的な貢献であって、その貢献には、
『一つの思考概念』を抱いて、活動を
すると言うのが、一般的である。

 宗教などに限らず人が集まる所だと、
あらゆる小団体が形成される。

 友達や、仲が良い、相性が合うなど、
色々な類から、複数の人員が集まり、
逆に集団を嫌い、個人活動を好むとの
人も居るのである。

 私が、GAMEの理論を経て、かつ
生命における生存戦略と、文化向上を
学び、そして得た事の根源としては、
「住み分け、又は、一定の短い期間に
限って、新たに争われる次期までは、
協力体制などが、相手(Rival)との
間で得られることが解っている。

 この現象を実行して、且つ維持する
と言うことは、日本国の政治からでの
歴史からは、行えていない。

 日本国の場合には、先の将棋的なる
感覚と、『積み木の建て直し論』との
観点から、その都度に『国会などでの
議会解散』を行う、戦後からの習慣に
なっている。

 しかも政治家の名言などでも、有効
有益だとする思考が強い。

 ところが、客観的な産物においての
存在の有意義性を追求するのならば、
再構築されるのは、主権者であって、
末端の民は、その悪影響にて、多くの
人命や、私生活が危ぶまれる事になる。

 そのGAMEでの極論では、まるで
人が産まれ変るように殺人などを行う
Horoscope(ほろすこーぷ)等の最悪な
現象が現象があるが、それを合法的に
且つ輪廻(りんね)の観点から考えて、
正当化する場合もあったようです。

現在の日本国としての立場では?

 やはり、重要視をされる観点では、
『日本人として産まれた事を、民にて
後悔をさせては、ならない』と言った
観点になるのかと想われます。

 極論で言うなら、殺人を欲するとの
人格があっても、他国にて軍人となり
戦場で働くと言うならば、論理上だと
正当性がある。

 逆に不条理だとされるTerrorismも、
極めると、先の『戦場で働く』と言う
観点まで、辿り付けない発想によって、
生じる事情なのかと想われる。

 又、他の民を軽蔑したり、共存性な
観点に乏しい場合には、公然と他人を
殺するにも値する蔑視が、生じる。

 そうした事情の中でも、生きる事を
極めるのが、極道なのかも知れません。

 真意で悪事を極めたいなら、極悪道
などと言う事を前提にするのかとも、
想われます。

 Terrorismに挑むと言うには、まだ
論理が乏しい状況にあるのかと想われ、
敵の存在を融和する程の論理を前提に
活動する必要もあるののかと、日本の
現状なのかと想われます。

 そして米国・・・。

 まず、基礎を再構築する期間があり、
それを、支援するのが日本の役目かと
想われ、米国の広大なる土地を耕すと
言う観点で、日本人も参加することが
好まれるのかと想われる。

 特に貧困的な経済事情の観点から、
まず『農耕』と言う概念を重視して、
米国の中で、孤立、排他されることの
ない環境を支援する行為は、日本国の
憲法における、前文を前提した対応に
なるのかと想われる。

 ・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪