記事一覧

Russia(ろしあ)とIndia(いんど)の関係

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/12/6(土) 午後 4:46

ファイル 8475-1.gif

Indiaの手広い展開

 Indiaは、既に米国やFrance(ふらんす)とも
原子力協定を結んでいるらしい。

 之によってIndiaは、先進国との絆を深めつつ
後にて、どのように展開をされるのか問われる。

警戒される問題とは?

 やはり、宗教的な問題となるのかと想われる。

 Indiaは、意外にも外交関係が広く、国単位の
外交から、民による外交まで、その種類を問わず
友好的に活動をしている。

 日本でも馴染み深いのが料理などの分野であり、
健康の促進と言う観点では、大いに注目をされた
料理にもなっている。

捕捉>
 日本人の食文化は、不思議と味の追求よりも、
健康を追求する傾向があり、比較的に健康的な
食品が家庭内で受け入れられる。
 しかし、欧米などでのJunkFoodや、東洋での
屋台食品など、さり気無い庶民の味の追及に、
拘る部分も、あるようです。

Russiaの狙いは?

 Indiaとの交流を深めることで、何を期待する
ことができるのでしょうか?

 Russia側の宇宙技術は、資本観点から打撃を
受けている状態に有ると言われている。

 しかし、技能と言う観点では、先進国として
見習う技術が多いとも言われている。

 Indiaでは、新たに独自の宇宙技術を展開する
傾向に有るが、Russiaと宇宙開拓分野においては、
提携をすることも、予定されているらしい。

 さて、Indiaは・・・

その昔、日本も・・・

 第二次世界大戦後に、高度経済成長を迎えた、
時期には、宇宙開拓など、あらゆる分野において、
世界規模で活躍をした。

 日本の街中産業も、十分に発展をした状態に
あったのですが・・・。

 私の感覚だと、義務教育に問題があって、その
関係から、取り纏めの無い、国民が育ちつつも、
その個性を育てながら、その個性を活かせないと
言う状に陥ったのかと想われます。

 つまり日本の場合には、民の自立に伴う文化の
開拓を、宗教や色々な思想を元に、阻害しており、
集団性(よく言えば、『和の精神』と言う言葉を
使う人が居るが、共産党の方がよほど和の精神に
長けているのかと・・・・w)個性的な自立を、
阻害することで、むしろ宗教団体などが利益を、
得ている状態にある。

 Indiaの場合には、宗教的観点が深く浸透して
居る状態に有る反面で、差別問題が人権と言った
観点で、将来問題視されることが解っている。

 これは、文化の向上に伴い、それまで排他的に
扱われた民の反撃となるが、相応にして武力的に
活動する輩が出てくることが予測をされる。

 それらを、どのように防いで進展をするのかは、
大いに注目される点である。

 しかし日本国も、先進国と言う立場からIndiaを
客観視している状態になく、嘗ての途上国である
と言う定義から、米の生産高などは、日本よりも、
充実した生産量を誇れる程に至っている。

( -ノω-)こっそり♪<Africaとかに、御米を支援すれば好いのね♪

 しかし、どの国も日向と日陰がって、それらでの
観点で考えると、日陰を見ない文化は、日陰の闇に
怯える状況にと陥る。

 それをControlするのが、BarbarianControlである。

 日本でも、既に最大規模だとされる暴力団組織も、
既に本陣では、極普通の経済利益団体にと変化をして
居る状態にあって、人権の観点で考えると、暴力団と
言う形でのLabeling(らべりんぐ)が、不自然である。

 しかし、その配下には、暴力団とのLabelingを有益
だと考えて、活動をする団体も有るようである。

( -ノω-)こっそり♪<ちなみに不法行為で立件されると基本的に、破門されますからね!

==== 日本とIndiaの関係 ====

 之までよりも、友好国としての意識が薄れていると
言う状況にあり、その観点から考えるならば、微妙な
国際関係にあると言っても、良いのかも?

 しかしIndiaからの職業移民は、増えているらしく
日本国にて、本場のIndia料理を展開している人も、
多く居るようです♪