記事一覧

原油価格に踊らされた、世界市場

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/12/24(水) 午前 0:04

ファイル 8488-1.gif

一時40$台?

 一時期は、100$にもなったのに、
いきなり半額以下になっている・・・。

奇妙な市場の動き!

 ・・・この市場における現象ですが、
果たして自然的現象だったのでしょうか?

 私の見解だと、何だかの悪条件などが
必要であり、それに基づいて意図的にと
仕組まれた現象かとも、判断している。

 しかも、その被害を受けているのは、
末端の民であるが、その主原因となって
居る、改新されるべく人員は、団体での
中堅的な地位に蔓延(はびこ)っており、
Herpes(へるぺす)と言う病気の如く、
深く経済利益を追求する母体に対して、
病巣を形成しているかの如くである。

 なお、鯉Herpes(こいへるぺす)は、
人に感染をしないと言われていますが、
そうとも言えない感じがすると私は、
睨んでいます・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

( -ノω-)こっそり♪<女王に対する嫌味的な発言と異なりますからね♪

(∇〃) .。o(私も、病的に理解を強いられていますから♪)

何が原因か?

 仕掛けた行為者や、結果的な効果から
株式市場で言う『提灯』のように参加を
行った輩達の根底は、何か?

結論

 やはり原油における依存性の高さから、
まるで麻薬に依存するかの如くに至って
いる原状を、主権者が改善せず、それの
理由に民の動向を上げて居ることから、
成り立った現象かと想われる。

『振り込め詐欺』との類似

 これと、よく似た現象に、「振り込め
詐欺」がある。

 この現象、騙すのも悪いが、騙される
方にも、意図して騙されている傾向等が
あって、その被害が減少しない。

 騙される側の心理と、騙す方の心理が、
Nash均衡で、どう左右されるのか?

 見ず知らずの悪人に金員を渡すのと、
自分の血族などの為に、財産の援助や、
支援をしたり、財産を残す事と・・・。

 親類の一人を称して、展開をされてた
『振り込め詐欺』では、親側の防衛力も
問われるのですが、其れ以前に、それを
守る必要が有るのか?と言う観点がある。

 原油の市場においても、一時的な現象
と解っていても、それに挑もうとすると
言う市場への参加者が居る。

 その被害を予めに想定ができたにも、
関わらず・・・。

 既に、SubprimeLendingの破綻現象で、
味を占めていたと想われ、それの第二段
と言う形で原油市場の高騰現象が生じた
と想われます。

 また、相応の原状結果を予めに予測が、
できるだけでなく、私のような一般人も
予めに予測ができた程である。

・・・(。-`ω-) ん~♪

 しかし予めに予測ができて、それにと
対抗するReportを作成しながらも、その
動向に乗る状態は、結論的に原状結果が
起こるべくして発生しているとのことで、
振り込め詐欺でも、被害者だと言うけど、
自分の親類を認識で無い状態に陥ったと
される後、それを取り返そうともしない
状況には、疑問視をされる。

( -ノω-)こっそり♪<実際には、民事で損害賠償を提起している人も居るけどね♪

(∇〃) .。o(警察や弁護士は、法廷に持つ込む以前に『無理だ』と言う傾向にもあるけど!)

 そうした、訴訟意欲を阻害していると
される、司法環境も、大いに悪い!

 さて、原状の世界市場を発生させて、
何を国際規模で、民に知らしめたいと、
言うのだろうか?

( -ノω-)こっそり♪<予めに、解れば回避できたかもね♪

(∇〃) .。o(私なんて発生したって、理解できない♪)