記事一覧

Ukraine(うくらいな)へのGas供給が停止!?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/1/1(木) 午後 7:25

ファイル 8495-1.gif

ある意味で・・・

 Lifeline(らいふらいん)の一つとされる
Gasの供給を停止すると言う状態は、国際的な
観点からも、好ましくないのかと想われるが、
そうした実状を考えるとRussiaとのEnergyに
纏わる取引には、日本国としても躊躇すると
想われる。

( -ノω-)こっそり♪<Gasを依存して、供給されなくなると困りますからね!

(∇〃) .。o(そう言う意味では、信頼性の高い所と取引を♪)

でもGas供給の原因は、Ukraineにある?

 しかしUkraine側にも責任があり既にある
負債の問題や、Gasの価格における交渉でも、
相応に引き下げられたとされる取引価格等の
事情などがある。

 またRussia側では、「Ukraine側の供給を
停止しても、他の欧州に対する供給までも、
停止しない」としている。

・・・(。-`ω-) ん~♪

周辺諸国は、援助しないの?

 そもそもUkraineの外交も、問題があると
想われまして、こう言う場合に陥ったなら、
周辺の友好国などから、Gas料金等に纏わる
部分を、資金的に援助、支援してもらったり
することが可能であったかと想われる。

 しかし、其れが無いと言う事は、相応に、
周辺国との交友も、良くないのかと想われ、
逆に、Russiaとの国交を断念した場合には、
どのような状態に陥るのか問題視をされる。

 つまり、故意にUkraineを孤立させる事で
生じる現象としては、欧州地域で武力的な
主張をする国となる可能性もあり、それを
故意に仕組んでいる可能性がある。

 よって、相応の理由を必要としていたと
言う状況で、故意に周辺諸国も支援などを
行わないようにしている可能性もある。

 私の考えだと、軍事国家などは、むしろ
敵視している国側が育てて居る状況にあり、
自国の抱える民を、『恐怖』などによって
心情をControl(こんとろーる)させると
言う為に存在をさせている可能性がある。

 その現象は、日本国内の暴力団にても、
同じ事が言える。

結論

 故意に相手を追い込む方法は、昔からある
現象である。

 一見して相手は、気が付かない事などが、
多いとされていますが、予めに用意をされた
筋書き通りに、事が運ぶように誘導する工作
などが行われることも有ります。

 但し、国家単位などでは、そうした工作に
おいては、通常だと二つの選択が用意されて
居る傾向にあるのかと想われ、Nash均等的な
環境を要して、それにて「どちらを選ぶか?」
との相手に選択肢を当たる事が多いようです。

 しかし、この提示された選択肢においては、
予めに用意された筋書きの為の選択肢であり、
基本的には、その二種を選択しない方が良い。

 逆に新たなる選択肢を模索する能力などが
求められる事になる。

 Christ教系での駆引きの特長には、必ずに
『○○は、△△で、あるべきだ!』と言った
先入観を優先させる傾向にある。

 之によって生じる自由の侵害は、むしろ、
宗教観から生じる現象であって、Christ教に
限った事でも無いが、問題視をされるべく、
部分となる。

 さて、今回の現象においての注意点では、

1.
 Gasが供給されない状況に陥った場合には、
その国の民がどう想うのか?

2.
 別の経由からGasなどの燃料供給を受ける
態勢が有るのか?

3.
 国交的な支援が期待をされない理由などは、
何なのか?

 これを早期の内に解析しないと、新たなる
軍事国家が育つ可能性を否定できないのかと
想われる。