記事一覧

中東地域で、次世代のEnergyを模索?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/1/22(木) 午後 6:38

余力があるうちに!

 Allahの新たなる恵みを受ける事になるのかと
想われる中東地域の人々であるが、余力のある
時期にて、樹立させて欲しい分野でもある。

中東地域のEnergy

 しかし、Energyといっても、自国で消費をする
と言うには、意味が無い感じで、国外にて売ると
言う事によって、商業的利益を得られることにと
なるのですが・・・。

( -ノω-)こっそり♪<過剰な利権の主張は、宜しく無いけどね・・・w

(∇〃) .。o(でも、原油価格などを見る限り、とても親切な原油取引かと♪)

でも・・・

 中東地域における土地は、恵まれているとは、
言えないのであって、相応に生活に困窮してる
人々も多いらしい。

 その部分を、どのように自国の責任として補う
と言うのか注目をされる。

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

結論

 御金があっても、物が無ければ繁栄しないと
言うのが、貨幣論における問題である。

 ところが物があって、御金が無くても、物々
交換が行えるので、然程に問題が無い。

 市場の概念から問われている、貨幣流通は、
物流の潤滑性を活性化する為に、必要とされる。

 しかし、紙幣に対してまで、過剰に価値観を
表現するのは、大いに微妙である。

 それらの問題を中東地域にて、どのように
解決をするのだろうか・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪