記事一覧

Lobbyist活動における制限 - 米国

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/1/22(木) 午後 8:03

ファイル 8506-1.gif

新任大統領が『大統領令』に署名

 私が短大生の頃に、Lobbyistと言う存在に
憧れていた時期があった。

 もともと、Lobby活動においては、
政治的部分と民間部分を結びつけて、
色々な工作を行う。

しかし・・・

 現実の問題に置けるLobby活動では、
近年だと、金品関係における癒着が、
問題視をされているらしい。

 日本では、議員の秘書役などが、
窓口となって、色々と活躍するが、
米国だと、秘書と言う仕事が限定を
されているようです。

( -ノω-)こっそり♪<人は、他人を経て悪事を行いますからねぇ~!

(∇〃) .。o(まぁ~そうした人間関係を維持する事にも、問題視されますがぁ♪)

結論

 現在では、Lobbyistよりも、Ombudsmanの
活動に付いて色々と活動をしている状態に
あると言うのが私の現状ですが、司法にと、
纏わるOmbudsmanも自称的に兼ねてまして、
裁判所(民事訟廷)の利用率を上げる為に、
色々と工作をしています。

( -ノω-)こっそり♪<殆どが、裁判所側における応対の改善などです!

(∇〃) .。o(民間の応対と比べて、その質が、かなり悪い!)

 しかも、その質の悪さに、自覚が無くて、
さらに、法規を扱っている観点から奇妙な
自信と、傲慢性を持って、応対されていた。

 がぁ~・・・。

 最近になって、大分変ったな・・・w

( -ノω-)こっそり♪<もぉ~最高裁の人事調査部、法務省人事訟廷など、あらゆる経路で工作を・・・♪

(∇〃) .。o(改善されないと、末端の職員のRisk軽減が無く、民による利便性も低いまま!)

 さぁ~、公共kServiceを提供する司法と
言う意味での責任は、どうなるのか?

 あ、米国のLobby活動に纏わる規制での
話題でしたっけ?

 それに付いては、、よきに計らえ・・・w