記事一覧

中華人民共和国では、農業重視の政策へ・・・

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/2/2(月) 午後 6:59

ファイル 8516-1.gif

私は、日本人であり、日本語でReportを作成しているが・・・

 またReportの公開先は、比較的に日本人相手かとも
想われるのですが、なぜか日本人以外の人達の方が、
私のReport的な意味での理想政策に、着手する事が、
多くなってきたような感じもする・・・w

政治的な主義は、別として・・・

 中華人民共和国の文化でも、かなり見習う所などは、
現代に至っても多く、子供達が『三国志』等に纏わる
遊びや漫画などに夢中になるほどでもある。

 また、芸術作品などでも、木目細かい物が多いとの
観点から、意外に繊細な技能を持ち合せている部分も
あるようです。

 更に、日本のように『ひらがな』が無く、全てが、
『漢文』にて形成される表記文字などからも、かなり
記憶力なども日常の生活で養われるのかと・・・w

( -ノω-)こっそり♪<私は、感じが駄目人間ですからね・・・w

(∇〃) .。o(Alphabetなど、全ての語学でも同じ感じがしますが・・・♪)

結論

 どうやら、世界中が農業的な分野に関心を抱きつつ
あるようですが、近代の機械科学の影響から少人数で
農耕が展開されてしまう傾向にある。

 それを、どのように集団的に考慮するのかと言った
政策が『人口と労働』に纏わる問題の調整点になると
想われます。

 しかし食と職が安定すると、やはり人口も増えると
言う一方になる。

 また、質の良い人ならば良いのですが、性格などを
含めて良品なる人員を育てるのは、意外に大変かとも
想われる。

 更に、あらゆる部分で劣るとされる人員を軽蔑する
人に備わった『本能的な排他問題』は、それらを克服
するのも、人情的に大変のようです。

 特に思春期の時期では、『恋愛感情=出産』と言う
結果にも発展する人間関係が展開をされることからも、
軽視できない人生論の恥部・・・いや、一部となって
いるのが現状である。

 一人でも多くの子供達に幸せになって欲しい等と
想うのであれば、まず現状で幸せにできる子供の数を
把握して、その枠を広げると言う展開が必要であって、
それ以外では・・・(。-`ω-) ん~♪

( -ノω-)こっそり♪<そう言う意味では、一人っ子政策も良いけどなぁ~♪

(∇〃) .。o(しかし、隠れて多産して、且つ子供も苦労していると言う現実もあるが・・・♪)

 人口調整と言う意味合だとIndiaなどでは、僧侶に
なることで、出産の抑制が文化的な計向上で成立って
いるようですが、それでも人口が増えているようです!

 また、貧困地に対して過剰な経済的、物資的などの
支援を行い、貧困の個体数を拡大してしまい、挙句に
盗賊を結成させるに至るような支援をしている場合も、
日本国、またNPOなどによって発生したらしい。

 そうした過剰支援などの現象は、子供に過剰にと、
『小遣い銭』をあげるような現象となっている。

 私的には、農業によって、大自然との調和などを、
人が抱き始める事によって、現代人として欠けいる
部分を取り戻せるのかとも想っている。

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 ところで日本の政策は、どうなってるんだろうか?