記事一覧

出生異常が増加!? - 中華人民共和国

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/2/2(月) 午後 11:25

ファイル 8517-1.gif

環境汚染が深刻化している?

 中華人民共和国における環境問題に付いては、
大分前から指摘をされておりました。

 今回の場合には、その自体が、かなり深刻と
なっている状況にあることを物語っています。

公害を知らない民

 共産思考の最大なる欠点は、『自惚れ』で、
その観点から情報の収集を怠る傾向にある。

 過度な場合には、孤立する事が解っており、
情報収集といっても、政治的な意味合にての
展開が主であって、文化向上などに纏わる情報
収集力には、かなり欠けているのかと想われる。

 日本国に留学をしている学生も多いとされて
おり、其れにおける効果が、どの程度有るのか
大いに疑問視をされている。

 実は、私が短大生の時には、Arbeit先となる
水資源開発公団で、二人のChina人と仲が良く、
中国産の御茶とかを貰ったりしていた・・・w

 大学への留学には、夫婦で着て居る場合が、
多いらしく、更に学費と生活費の為に、働いて
いると言うのだから凄い♪

( -ノω-)こっそり♪<私も、その後に新聞配達を約2年ほどしましたけどね・・・w

(∇〃) .。o(夕刊の配達時には、幼児達と遊んだりしてたなぁ♪)

懐かしい思い出は、ともかく・・・

 実は、日本国の文化的な歴史を遡ってみると
過去には、公害でかなり深刻な問題を抱えてた
時期もあったのである!

 現在だと小学校などで、公害に纏わる学習を
するのかと想われますが、あまり実感がないと
思うけども、現実的にかなり大騒動になったと
される問題ばかりである。

 現在では、偽装問題などが世間を賑わしてる
程度で、基準値より大目となる農薬の少等では、
過剰なぐらいに大騒ぎをしてNEWSなどにて
取り上げられる。

 がぁ~・・・。

 逆に、其れ程までに警戒をする必要が有ると
されている分野でもある。

結論

 異国の国での出来事と、軽視している日本の
民も多いのかと思われる。

 しかし事の深刻は、かなり重大なる問題にと
発展している事が把握をされていない。

 近年の日本国における食文化形式も、大分に
変りつつあり、海外にて加工した物を国内にて
消費する傾向に有る。

 とくに、Restaurant(れすとらん)などでの
食材なども、Package(ぱっけーじ)物である
場合には、海外からの輸入で有る場合が多い。

 野菜などでも加工された物が輸入されている
と言われており、一時期では、過剰な農薬や、
発癌物質などの混入などがあった等と問題から
世間が大いに、驚いたという事もあった。

 そもそも、野菜などが異国から輸入をされて
いたと言う事実までも、把握していない主婦が
多かったと言うのも事実である。

 ちなみに私の知る限りでは、海鮮物の殆どが
輸入物であることが解っている。

 そして未だNEWSにて取り上げられて無い
問題で私が気になるのが水質汚染であり、その
範囲が、川から海を経て、日本海側にて発生を
する汚染などを警戒する必要があるのと思われ、
相応の定期観測が必要なのかとも想われる。

 既に日本海側における問題で、『ごみ』等の
漂流物が大量に岸に打ち上げられることでも、
問題視をされている。

 極稀に、TVや週刊誌などでも取上げられる
内容らしいのですが、実際だと、かなり深刻に
なっているのかと想われる。

 また大気の問題も有り、黄砂現象があって、
中国大陸にある砂が偏西風によって、日本まで
飛んでくる現象がある。

 黄砂自体も環境的問題だとして取上げられて
いるのですが、China側で「黄砂に纏わる情報は、
国家機密に値する」として我国に対して非協力
的である。

 ところで、黄砂が日本まで届くと言う事は・・・、
当然に大気公害も日本にまで飛来する可能性を
否定できないのが現状である。

 これらの観点から考えれば、大いに問題視を
される必要が有るのですが、政府側においては、
それに纏わる政策や問題を、一切に封じている
状態にある。

 さて、皆さんの生活に一見して関係が無いと
想われるChinaでの公害問題ですが、現状にての
私達の生活においても、意外に深く関わってる
と言う事を把握する必要がありそうです。

・・・(。-`ω-) ん~♪