記事一覧

世界規模で、食糧難が予測をされる?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/2/18(水) 午後 10:16

ファイル 8524-1.gif

2025年には、現在の『4分の1』にまで現象?

 人口の増加が懸念されている状況で、次に
食糧難が指摘をされている。

なら、食糧を増やす?

 ところが気象上の問題が浮上してことで、
安易に食糧分野の開拓を行える分けでも無い。

 それらの観点からすると、今こそ現代的な
農耕科学における成果を見せる場であるとも
想われるのですが・・・(。-`ω-) ん~♪

結論

 今年になってから、徐々に若者にも農業に
関心を抱く世代が増えており、会社勤めより
田舎暮らしを考える人も増えているらしく、
更に、元会社員が、田舎暮らしを改めて検討
するなど、広い範囲で農業に付いて見直して
いる状況にある。

 しかし、その土壌が固まっていない状態で
誰もが農業にと挑もうとすると国側の負担が
大きくなってしまう事が予測をされる。

 また、相応の農耕における基礎知識などが
必要とされていますが、殆どが実験的日々で、
種を撒いて世話をすれば良いだけの状況でも
なく、気象の変動も考慮する必要がある。

 それらの観点から、一般労働のように与え
られた仕事をこなすのでなく、自らが考えて、
且つ予測を行い、市場の流れなどを把握して、
などと、生産(工場の整備を含む)、販売と
色々な部分を管理する事となる。

 つまりは、農業を行うと言うことは、中小
企業を発起する以上に能力を必要としている。

 なので、投資的や資本的な感覚で、農業に
挑もうとすると良くないのかと想われます!

( -ノω-)こっそり♪<私も、御金を貯めて、農地を買おうかと目論んでいます♪

(∇〃) .。o(司法は、ある程度で道筋ができたので、『農業にIT革命!』の課題に着手をしたい♪)