記事一覧

低価格自動車が世界市場に登場♪ - India

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/3/1(日) 午後 8:04

ファイル 8525-1.gif

ついに登場!

 そもそもIndia市場に付いて、何処の国が
高利益を上げるのかと関心を抱いてましたが、
なんと、India自信が自国の経済に付いての
自立性を維持して、更に世界市場にと挑んで
来たのである!

・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 今回は、軽自動車で世界市場に挑むらしい!

欧米圏からの影響との違い

 植民地的な観点で展開しつつ、Christ教や
Judea(ゆだや)教の人間関係なども構成して
展開する傾向にあり、支配関係や依存関係を
樹立させようとする傾向にある。

 その点では、仏教系だと、相手の宗教には、
拘らずに、その文化における自立性を促すと
言う傾向にあるが、宗派によって異なる。

Indiaでは・・・

 Caste(かーすと)制度によって、身分など
かなり明確に身分が分けられてしまうらしい。

 現代における事情では、大分緩和がされたと
言われているのですが、それでも貧困層にての
問題は、未だ完全と言えないようです。

結論

 Indiaに於ける自立的な世界市場への参加は、
とても関心が有るところで、世界市場に対して
消極的な共産的、社会主義的な分野と異なった
急発展的な活動にとなっている。

 経済と言う観点では、中華人民共和国よりも
Indiaの方が後発でありながらも、自動車等の
産業における展開を見ると、『産業基本となる
農業基盤を安定させた』ことがあり、その次に
産業を発展させている。

 こうした展開は、産業発展の基本と言われて
おりますが、なぜか共産、社会主義系統では、
『物乞い的な経済支援か、略奪、不当、不法な
経済活動』などにて利益を確保するとの状況に
陥る事が多いようです。

 それらの観点からも、Indiaの経済的自立は、
世界的にも注目をされていますが、宇宙事業を
含めて、かなりの急速で文化発展を遂げている。

 さて、それに遅れる国々は・・・(。-`ω-) ん~♪