記事一覧

Putin 首相が、日本にやって来る♪

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/3/7(土) 午前 0:12

ファイル 8526-1.gif

ついに着ました、この瞬間が・・・w

 ASIA件の中立国として、Swiss、Sweden、
Holland(すいす、すうぇーでん、おらんだ)と
同じような形式で、活躍している日本国ですが、
今後の展開が、あまり予測できない・・・w

( -ノω-)こっそり♪<期待感は有るのだけど、まず国内事情の基礎を固めないと・・・w

(∇〃) .。o(考えがでかい割りに、人間の規模が小さい感じもする♪)

さて、Putinがやって来る!

 そぉ~言えば、中華人民共和国や、色々なる
ASIA地域の首相などが日本にあまり来なく
なってしまった感じもする!

 昭和の時代には、経済的な事情を踏まえて、
多くの国々の人が、来てくれていた感じもする。

 その点を考えると、やはり皇室においての、
期待も必然的に高まってしまう・・・w

( -ノω-)こっそり♪<皇太子妃に「人肌を脱いで獣になれ♪」とは、言いませんから・・・w

(∇〃) .。o(せめて、贅肉襦袢(ぜいにくじゅばん)を脱ぐつもりで、御活躍を・・・♪)

 ・・・期待すると、また病む可能性があるので、
まぁ~、適当に気が向いたら協力されたいところ。

( -ノω-)こっそり♪<「そう言うあんたは、何をしてくれる?」と言われたら困るけど・・・w

(∇〃) .。o(言われることが無さそうなので・・・、とりあえず♪)

民による周辺諸国への交流活性化は、重要である!

 之は、営業的な展開を含めて、日本と近隣諸国と
連帯をする経営事業は、とても重要になるのかとも
想われます。

 比較的に資本主義を嫌う傾向に有るASIA地域
事情では、もともと集団農耕民族的な文化意識等が
強かった事もあって、『能力主義による支配思考』
などには、基本的に否定的である。

 また実力よりも、心からの信頼関係が重要視され、
つまりは、その個人における性格が好まれるか否か
などにて、支配関係が生まれる。

 その悪い例としては、典型的に男性が男性にと、
憧れる場合には、大抵が反世間的なる心情に陥り、
また世間的な倫理厳守(つまりCompliance)でも、
その能力が低くなりがちになる。

 不思議と女性が女性に憧れる場合には、意外に
規律を厳守する傾向に有るようですが・・・。

 それは、異性からの視野で見た状況であって、
実際には、男性同じく、けっこう惨たらしい人間
関係で形成されている場合も有るようです・・・w

結論

 外交政策と、日本の経済を考慮するならば、
日本国民による営業的な外交戦略は、日本国を
必然的に宣伝する事となる。

 しかし、奇妙な人間ばかりが、外交に出ると
言う場合も多く、不思議と野蛮人の方が冒険的
意識が強い事が、人類史からも解っている。

 ちなみに知的な賢者は、どちらかと言えば、
物理的に活動して、且つ物事を自然科学を含め
物理的な公式で求めようとする。

 ところが野蛮人の多くは、学識的な能力等を
自ら進んで学ぶ事を拒みつつ、体験的に挑むと
言う人員が多いが彼における経験値は、それを
語らせると、誰もが納得してしまう事が多い。

 そうした人員に、人情話をさせたら、誰もが
感動してしまうのである・・・(。-`ω-) ん~♪

 さて、そう言う話題は、ともかくとしても、
Putin首相が来るということは、後に、続々と
色々な人が来る可能性もありつつ、軍事的なる
展開よりも、一気に宇宙開拓が進みつつ、資源
などの問題でも、協調的に展開する可能性等が
見受けられるけども・・・。

 問題は、Indiaと、中華人民共和国であって、
それ以外にも、近年になって社会主義の樹立を
遂げたとされる、驚異的な国々が小国ながらも
発生している。

 一度、社会主義が軍事的に展開をされると、
そのCharisma(かりすま)性が、その人員にて
自らが退却などの宣言をしない限りは、生涯を
その一人の思想によって、支配される特徴等が
あって、孤立しやすくなる。

 こう言う場合には、特定の上位階級の人員が
天国的な生活を行えて、比較的に下級の人員は、
生きて地獄を体験する事となる。

 これらの観点から、自由主義と対立するとも
言われているのですが、よぉ~く考えるならば、
自由主義の方が文化的に維持をするのが難しく、
民の総体的な文化的知識が無いと開花できない
と言っても過言で無いのが、自由主義であって、
それに乏しい民の総体事情だと、やはり先導を
する人員が必要になる。

 こうした人類規模での『からくり』において
広くは、人類規模、狭くは、家庭規模でも類推
適用をされる内容である。

 この世界観の『縮小、拡大』を相対的にと、
考える思考は、人類史でも古くから有る思考で、
数学的な形での表現では、建築などでも見られ、
主に『測定、予測』にと使われていた。

 代表的な例としては、Pyramid(ぴらみっど)
建設や、古代Egyp文明記での『気候予測』等が
あって、天体(特に夜に見える天体)によって
気象や時期などを測定、予測して、農作業等が
行われたと言うのは、有名な話である。

 人類規模で、そうした知識を得ておきながら、
現代人として何処までが流用できるのかなども
問題視をされている。

;
 高校、大学などの受験にて出題される内容は、
本当に後の人生で、利用される必要が有る物か?

 本当に知る必要の有る物は、別に有る!っと
解っていながらも、その風習を止められないと
される原因は・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

( -ノω-)こっそり♪<それに気が付いても、変更する権威を有した時期には、その恩恵を受ける!

(∇〃) .。o(つまりは、その恩恵を削いでまで、未来に託すべく愛を注げるのか!が問われる♪)

 こうした観点では、世代的に40代前半から、
徐々にと、静かなる革命として、あらゆる部門で
革命的に業務改革が、静かに展開をされている。

 特に難しいとされていた、公的な機関などでも
若い世代を守りつつ、展開する40代の業務改善
攻防は、かなり期待をされている。

 ところで、なぜゆえに40代の意識が変ったと
言うならば、『虚しさを早い時期から知っている』
っと言うことに、焦点が合わせられる。

 つまりは、線路が何処までも続くと言う時代は、
終わってしまい、その線路が続く理由が、Möbius
(めびうす)の輪のようになっていることから、
それの状況から新たなる道を、開拓する能力等が
備わっている事を意味している。

 一見して遊び回っている人を軽蔑しすると言う
人が居るのですが、良く観察をしてみれば、その
人員は、遊ばされて居るのであり、そうした社交
関係から展開をされる業務の習得は、重要利益を
産むことに繋がる。

 また、地位の高い者が、闘争心を露にして人の
集う場所に現れても、雰囲気からして人間関係を
得ようとは、思えない。

 更に、逆に媚びるような輩に対しては、悪意が
あると警戒しないと損失となる場合も有るのかと
想われるのである。

 そうした国の代表による、表見的な意思表示が、
民による外交心を煽り、また進展させて行くにも、
値する事が有る。

 それが企業でも、狭くは、家庭でも同じである。

 さて私の場合には・・・

( -ノω-)こっそり♪<解っているんですけどね・・・w

(∇〃) .。o(行動するのがぁ~・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪)