記事一覧

微妙な『中華人民共和国』による資源確保

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/3/23(月) 午後 9:49

ファイル 8530-1.gif

活動範囲が広い!

 近年における中華人民共和国による資源確保の
活動においては、目を見張るものがある!

そんなに資源があったの?

 あまりChina産の資源と言う物を、日本人しては、
聞いた事が無いが、かなりの範囲でEnergyに纏わる
部分の市場に、触手を伸ばしているようです!

 また、米国の石油企業を買収しようとまでしたと
と言う経緯もあるらしいが、政治的な観点からも、
米国側で拒絶をされたらしい。

資源事情に敏感?

 中東地域が、Energyを資本に莫大な利益を得てる
と言う状態に習い、色々と活動を行っているのかと
想われるのですが、でも資源と言う意味でRussiaも
引けを取っていない。

 つまりRussia側で早々と資源展開をされるのなら
解るのですが、意外にもChinaが積極的な状態。

結論

 Energyに付いては、ある意味で『経済の急所』を
抑えられている状態にあり、核Missileで威嚇武装を
されるよりも、深刻な問題になるのかと想われる。

 現在は、『資本主義を殺すに、刃物を要しない』
と言う時代を迎えている。

 また、『心理的戦争』が既に始まっているとも、
言われており、その勝敗基準は、倫理性を保つとの
観点と、心身の健全性に纏わる防御となる。

 米国などと異なり日本国は、『過剰な輪の精神』
などによって、防犯、防災など自衛するべく範疇を
公共Serviceの一端と過信している節があり、更に
実際に災害や犯罪が生じて、その被害を受けた時に
初めて『なぜ、自分が優先的に助けられないのか?』
などを苦痛と共に知る事となる場合が多い。

 そうした状況を客観的に評価をするなら、それに
気が付くのが遅いのである。

 税金などは、相応に地方自治や、国家を維持する
と言う為に平等で支払う物で、民の個人に対しいて
有益となる公共Serviceを提供する為に有るわけで
無いのである。

・・・(。-`ω-) ん~♪

 逆に、自らが受けれる公共Serviceの内容などを
把握していない状況で、不適切な生活環境の維持を
すると言う状況も、変である。

 さて、政治などに分野において、危機感などを
抱いたら、どうすればよいのか?

 答えは、至って単純である!

 代議士に代議の依頼をしたり、訟廷を利用して、
紛争的に解決をすることを求めることが、可能で
あるのかとも想われます。

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 日本国の場合には、Energy問題に付いて殆どを
海外からの輸入に頼っている傾向が有って、その
問題から、かなり深刻なる部分にあるともされる
分野となる。

 逆に、日本国が経済的な自衛的自立を図るとの
観点で活動をするならば、太陽光、水素、風力や、
波力など、あらゆる分野でのEnergy開発が実用化
されるはずですが・・・。

 残念ながら、西洋思想に主権男性人の金玉を、
握られている状態にあるので、『石油依存』は、
麻薬の常習を止めるに等しい程に、経済的には、
辛い状況にと、なるらしい・・・(。-`ω-) ん~♪

 既に、次世代のEnergyとしては、太陽光と、
水素、予備的に、風力、波力が挙げられている。

 この観点から、どのように進化を遂げられるか
文化的な観点からも、重要視をされている。

 又、Methane hydrate(めたんはいどれーど)の
存在もあり、日本海均衡にて、天然Gas油田と共に
色々と調査の対象となっている。

 しかし日本国は、Chinaと比較して、その部分で
積極性に欠けていると言われている。

 そもそも、日本の国民性における『元気』が、
消沈している状態にあり、日本国における国民性
などの貴台を再構築を、必要とされている状態に
ある状態で、その時期に周辺諸国が文化向上等を
目論むと言うのは、経済戦力の観点から有益なる
現代的な争い方なのかと想われる。

 さて、皆さんのEnergyの源は、何でしょうか?