記事一覧

沖ノ鳥島は、島と呼べるのか?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/6/28(日) 午後 6:40

ファイル 8547-1.jpeg

岩礁(がんしょう)?

 領海に付いては、日本国の近隣色とで色々と
問題になっているが、戦後60年以上も経過を
するのに、未だ解決をしていない。

China(ちゃいな)が認めない?

 日本国としては、『 領土の一部である 』
との主張をするのですが、それに対して他の
国は、然程に利害関係が生じないことから、
之まで他国にあまり、指摘をされて無いとの
状況にあったようです。

 しかし、ここに来て中華人民共和国にて、
『 沖ノ鳥島 』を『 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E6%B4%8B%E6%B3%95%E6%9D%A1%E7%B4%84[ 海洋法条約] 』を
盾にして、問題を指摘している。

( -ノω-)こっそり♪<国内でも、『 人が住める場所では、無い 』と言われている!

(∇〃) .。o(しかし、『 戸籍が設定できる 』ことは、あまり知られて無い♪)

結論

 沖ノ鳥島での戸籍が認められるならば、
『 北方領土での戸籍登録 』は、認めて
もらえるのだろうか?

・・・(。-`ω-) ん~♪

 逆に、領土が日本の物でも、他国からの
移住によって、占拠をされている状態にと
ある場合も、指摘をされている。

 つまり日本国は・・・

(1)沖ノ鳥島

 岩礁に近い状態の島

(2)北方領土

 戦後から60年を経ても問題が解決して
無い状態に有り、その島では、異国人員が
生活を営んでいるのが現象である。

 土地的には、人が十分に生活が行えると
言う環境で有るのかと想われるが、時々に
外務省経由などで、『 人道的支援 』と
言う名称での国交的な関与があるらしい。

(3)竹島

 大韓民国との領土紛争としては、かなり
問題視をされている。

 武力的な強硬姿勢で、大韓民国が領土の
主張を行っている事もあって、日本国側も
悩みの種になっている。

 しかし『 人が住める環境で無い 』と
言う観点から、国際的な法理観点からも、
島として認められ無い可能性がある。

(4)対馬

 こちらの島は、日本古来からの文献にも
登場をする程であって、独特の文化などが
有ったことも、解かっている。

 しかし位置的には、大韓民国、日本国の
ちょうど間に位置していることもあって、
微妙な文化史を持っている。

 これと類推して、『 琉球文化(現在の
沖縄県) 』がありますが、そちらの方は、
日本国の一都市として認められています。

 さて、領土あっての国家ですが、それを
世界的な観点(国際的な法理観点)から、
上手に主張を行う必要が有る。

 ところが、『 子供騙し 』のような、
展開で、論議が進むと、双方の国民からも
呆れられてしまう。

 そして厄介なことに、過激な行為などを
好む団体が、正義論を掲げて、色々な不当、
不法な活動に関与をする原因にもなる。

 そうした問題を未然に防ぐのが国家での
課題になるのですが・・・。

 国家が率先して、その問題を現代的にと
解決することが好まれるが、故意に問題の
放置を行って、「 国民意識の結束などを
高める『 悪き手段 』に悪用をしている 」
と言う見方も有る。

 そもそも軍事的脅威が無ければ、自衛隊
と言う存在の武装も、解除されるのかとも
想われるのである。

 それらの観点から考えると、日本国は、
民に対して、故意に何かを行わず、故意に
何かを行っていると言うことが見えてくる。

 そうした国家の習性が家庭にも見られる
現象なのかと想われる。

 誰が得をするのか?

( -ノω-)こっそり♪<漁師や、次世代資源の開拓者が居ないのに・・・w

(∇〃) .。o(領土の主張をしても、「 宝の持ち腐れ? 」って感じなのかなぁ♪)