記事一覧

医療保険問題に着手! - 米国

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/9/21(月) 午前 11:52

真意なる保険制度を確立、維持を!

 日本国も、その保険制度に付いては、
十分であると言えず、一昔前に過剰なる
医療保険制度から、高齢者などによって
生じる『過保護状態』が問題視され、
改善の課題になった。

 後に、そうした問題も解決をしたが、
高齢者向けの医療開発と言う点にては、
失速ぎみとなった。

均等性と、適度な医療を維持すること!

 日本国の場合には、医療制度における
問題では、「 国民を保護する 」との
観点では、有る程度の範囲で可能だが、
『 未知なる病気 』に関して、膨大な
費用が必要とされるだけでなく、それの
支援をする団体も、まだ少ない。

 その点では、逆に米国だと政治関連や、
保護団体などが積極的であり、Lobbyist
(ろびーすと)などの活躍実績が現代に
実っていのかと思われる。

 日本国の利点は、法の下の平等性追及
となるが、米国場合だと個人の実力が、
重要視をされる!

 日本国でも実力が重視をされているが、
その観点で、人が死ぬことが無いのかと
思われるが、米国だと異なる観点となる。

 日本国の場合は、憲法、法を把握して
居る事と、その権利を主張することにて、
民としての自由と権利を確保できる。

 しかし米国の場合だと、権利主張が、
先で、それに合う法律を探すのが弁護士
たちの仕事となる。

 日本国も危うく『 立法の責任 』に
ついて国民が、その責任を忘れかけてる
状態にあったが、近年になってかなり、
『 倫理性の追求と、規範 』と言った
課題に付いて、現代人として好奇心を、
抱き始めている。

 米国の場合には、法規を把握しても、
それが適切に受理をされないと、利用が
行えなえず、窓口などで受け付けては、
もらえない等の現象が生じる事などが、
有るらしい。

 その現象は、先進国に限らず、どこの
国でも同じであり、公的機関や民間でも、
窓口で対応をする人の自由判断によって、
大きく人の人生が左右されてしまう。

 嘗ては、日本国の公共施設などでも、
同じ現象が生じていたが、Service業との
観点での接客の見直しによって、数年で、
大きな変化をもたらしている!

 しかし、生活保護などの分野や、刑事
事件などの分野、また異国人に対しての
分野などでは、未だに相応となる偏見的
観点での対応が多く、それによって人の
人生が大きく左右されていると言う責任
などの自覚が公務員に無いと言う状態も
事実である。

ところで・・・

 欧米圏に関する医療制度は、情報等が
入り易いが、Russia、China、Indiaでは、
どうだろうか?

 国家間における偏見は、国民の利益を
損なう場合があり、公にされている利点
などを、見過ごしている可能性が有る。

 また、客観的に軽蔑しがちな原始的な
生活を行っているような文化からでも、
現代人が、改めて学ぶ要素が多いことも
事実である。

 もし関東大震災が今時期に発生したら、
Homeless(ほーむれす)に、生活方法を
教わる事になるっと想っていたい時期も
あった。

 その必要性が無いように、Homelessを
完全に根絶しつつ、国民の安全性の強化、
防災、防犯性、そして健全性の強化が、
必要になるのかと想われる。

結論

 一見して米国だけの問題と想われるが、
この保険に纏わる問題を国家課題として
取上げると言うのは、人類の規模でも、
注目をされている部分である。

 米国は、世界規模で唯一に認められた
『 実力主義国 』でもあるが、それの
国では、やはり自己を守るのも実力の内。

 日本国の場合には、実力の無い者を、
最低限度で保護すると言った受け皿が、
あったが、近年になって漸くに、それの
平等性に纏わる効果が出始めている。

 日本的には、次の段階で、向上心と、
健全性の維持、健康、防災、防犯などの
自衛的な国民個々の能力に委ねられる、
分野の発展が課題となる。

 しかし米国の場合は、「まず生きてる
喜びを確保する」っと言う国民性が強い。

 近年の米国は、大夫進化したのかとも、
想われますが、嘗ては、やはり有色人と
言うような観点で、排他されつつ現在の
ASIA地域などの貧困層に見られる、
親子関係が有って、相応に混沌とした、
なかで生活をしている状態にある。

 その原因と、米国での違いは?

 ・・・遊びに有るのかと想われる!

 不思議と、どの動物(昆虫に付いては、
解からないけど・・・w)も、子供達は、
遊びが大好きである♪

 その『遊び』を親が心地よく想わない
場合が有るが、子供の遊びは、後の将来
大きな役に立つことを把握していない!

 米国などで作成をされている映画でも
解かるように、貧困層の町で遊んでいる
子供たちによって、新たに作られる遊び
などが有る!

 それが客観的に芸能的な能力にもなり、
大いに世界中の人を魅了している。

 歌、Danceなどを中心に・・・。

 実は、その現象ですが、日本でも同じ
ような事が生じていることを、実感的に
把握していない国民が多い!

 野球の王選手は、台湾国籍だが日本で
生まれ育っている。

 その他にも、在日と呼ばれる人達は、
芸能や、Service業(特に風俗、娯楽業)
などを中心に、発展をしている。

 私の記憶では、新宿歌舞伎町、池袋、
横浜、長崎など、海外の人達によって、
その地域が活発に繁栄をした地域であり、
現在でも、発展をしており日本国の時代
と言う観点で、牽引をしている。

 Inglz(いぎりす)や、Chinaなどでは、
どうだろう?

 Sweden(すうぇーでん)などの国でも、
福祉が充実をしているが、何となく周辺
諸国とは、閉鎖的な感じもする。

( -ノω-)こっそり♪<確か、国教が有ったような・・・。

(∇〃) .。o(国境より壁の高い、国教あり♪)

 Inglzの貴族主義と言う観点は、日本の
武士などの家系維持と言う点と似ており、
広くは、どの文化でも家系維持に付いて、
『 奇妙な誇り 』を抱いている文化が
多く、その殆どが『 戦士への拘り 』が
あって、『 戦死までもを英雄視する 』
っと言う人生と言う観点では、超越をした
部分となる。

 Swedenでも、過剰となる福祉が問題と
なった時期が二昔前にあったかと想われ、
それを乗り切ったのだろうか?

( -ノω-)こっそり♪<その点に付いては、Sweden在住の女剣道剣士に聞いてみたいが・・・。

(∇〃) .。o(私のBlogには、着てくれてないみたいでぇ~♪)

 India(いんど)などでも、福祉と言う
部分では、過剰な社会主義によって、どの
程度まで改善をされるのか、注目をされる
けども・・・。

( -ノω-)こっそり♪<あまり現在のIndiaを知らないのですけどね・・・w

(∇〃) .。o(ここ10年で米の支援を受ける貧困国から、米を輸出するほどになったとか♪)

 日本国も約70年前は、金銭が無ければ、
当時としては、十分な医療(治療)などを
受けられなかったと言われており、昭和の
30年代以降による医療の発展と、福祉の
発展が急成長をしていることが解かる。

( -ノω-)こっそり♪<ここ100年における日本国の発展は、かなり凄いのかと!

(∇〃) .。o(日本だけでなく、人類規模での発展と言う方が正しいかな♪)

 平成産まれの人には、理解できない事と
想われるけど、平成産まれの人達が、あと
20年もすれば、更に・・・www

 ・・・など年老いたような意見は、ともかく
米国における保険制度の改善により、後に
世界に、どのような進化をもたらすのか?

 特にAfricaなどでの発展が期待をされる
のかと・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 Africaの大自然でのOlympicってのも、
好いんだけどなぁ~♪