記事一覧

臓器売買の問題

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/10/24(土) 午後 7:48

ファイル 8560-1.gif

どうなる?

 映画などで、臓器売買や、その目的の為に
遺伝子操作をされた子供などの存在に付いて、
課題とした作品が、近年に多く見られる。

 しかし今回の話題は、実際に発生をしてる
問題となる。

需要と供給

 求める者が居るからこそ、提供する価値が
あるのですが、その内容が・・・。

 皮肉にも不条理であれば、相応に提供する
と言う人が少ないのだが、だからこそ価値の
ある取引になってしまう。

・・・(。-`ω-) ん~♪

現状だと・・・

 日本では、Donor(どなー)登録などにより
成り立っていますが、海外の事情だと、かなり
倫理性に反した取引が平然と行われている。

 「基本的に文化水準が低い地域を狙う」っと
言うのは、一つの戦略のようです!

 類推した現象は、先進国でも見られており、
米国による陸軍の志願兵を募る場合、比較的に
経済効果の低い地域で、且つ、有色人種などの
人種的な問題や、学校の平均Levelなどが低い
とされるような地域にと、積極的に広報活動を
行うことで知られている。

 それ以外にも営業戦略などで、高齢者が多い
とされる地域に、訪問販売を展開したりすると
言うMarketingResearch戦略などがあり、日本
など色々な地域で営利活動の手段とされている。

結語

 結果的には、やはり防御率の問題であって、
悪い奴ほど生存率(防御率)が高いのは、相応
となる知識を把握しているからである。

( -ノω-)こっそり♪<悪行の手段を知っていれば、相応の防御方法も推測できるよね♪

(∇〃) .。o(だからこそ必ず犠牲者が生じてしまう♪)

 日本の国家的な観点が『事なかれ主義』だと
言われており、それに伴う防御率の低さにより
国民の経済が危ぶまれることがあった。

 近年は、『民間企業が危機管理(Risk回避)』 
と言う概念から、色々と業務手段を防御的にと
改善的な展開を見せている。

 しかし過剰な防衛状況は、むしろ文明進化の
足枷になることも有る。

 さて・・・。

 臓器売買における問題は、まず国家規模での
倫理性の観点が問題となり、それにおける定義
などが無ければ、何ら他の国が干渉をするとの
言う行為は、好ましくない。

 私の『国家と国民』での観点では、「親が、
その国に産まれ、育ち、人生を不服に想うなら、
子供を、そこで繁殖させるのは、不条理である」
っと判断するのが、普通で有るのかと想われる。

 しかし実際には、どのような状況であっても
人は、基本的に好意ある異性との性交を経て、
結果的に無意味や悪鏡に導くが如くに、子供を
造る傾向がある事も解っている。

 また、子供を得た親は、子供を守ると言った
心理を前提に、平然と不条理を行う場合も有る。

 これらは、『人の生存心理(生存競争心理)』
などを学ぶことで理解できるのかと想われます。

 そうした心理基礎は、文明や文化の影響にて、
各々が異なるのですが、規制を設けるか、否か
と言う観点は、その文化や、その文化形成する
民の意思や、支配者の意思によって決まります。

 客観的に、そうした国への思いは、倫理上で
不適切かもしれませんが、実際に自らがDonorを
必要とする立場になると・・・。

 その心理は、刑事の事件における加害者と、
被害者の関係にも似ています。

 加害者の心理状態を健全的に防御できたら?
 Donorを必要とする病人も元々自身の健康を
維持できたら?

 今回の根源は、自己の人体における健康維持
と言う観点が根源となり、「目先の臓器売買を
おっても解決に至らない」と想われ、そうした
観点は、類似して刑事などの事件発生による、
部分でも言える事であり、被害者の防御力や、
加害者の健全性の維持にて、事件発生が減少を
すると想われる。

 つまり臓器売買の問題よりも、健康の維持を
追求する必要があるのかと想われ、それを研究
することで必然的に臓器売買の現象も減少する
ことが予測できます。

 また刑事の事件でも今回の健康と言う部分を
健全と言う言葉に換えればよく、刑事の事件が
発生しない為には、事件の検挙率を高めるとの
考えより、事件自体が発生をしない環境造りが
必要であって、国民の健全性における維持と、
それによる利益の確保が必要であって、犯罪の
行為を無益化する事によって、事件発生が減少
することが予測できます。

 ところで注意する点は、「幻想的な説明を、
受ける」と言う部分です。

 Sales(せーるす)などの話術で商談相手に
『幻想を見せる』と言う話術があります。

 例えば、車を売る時に「御子さんや奥さんが
喜びますよ♪」などと言ってみたりする。

 しかし、それに伴う負担に付いて等の説明を
行わないと言うのが、基本だったりもする。

 近年の先進国では、販売規制が厳重になって
おり、法規や条例などによって、制限をされて
いるが、そうした規制が『多くの犠牲によって
設定された』っと言うことを、把握する必要が
有るのかと想われます。

余談

 憲法でも、過去の犠牲に付いての重要性を、
記載している部分があります。

日本国 憲法
第97条
 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年に
わたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去
幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことの
できない永久の権利として信託されたものである。

 『論理と倫理の関係や、論理の限界』なども
深く関係をしていますが時代(世代)を超え、
その意思を引き継ぐ、現代日本人として把握を
する必要の有る部分であるのかと想われます。

また・・・

日本国 憲法 前文 一部抜粋
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を
無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的な
ものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と
対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と
目的を達成することを誓ふ。

そして・・・

日本国 憲法 前文 一部抜粋
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する
崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の
公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと
決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を
地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉
ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく
恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを
確認する。

 皆さん!改めまして、こんにちわ♪・・・私は、在日日本人です♪