記事一覧

米国の医療政策は、順調か?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/12/25(金) 午前 8:35

微妙?

 上院本会議では、医療保険制度の改革法案が
可決されたらしい!

結語

 何気に、ずいぶんと時間をかけているように
感じられるのですが、それ以外にも論議をする
必要の成る課題や、新たな提案なども有るかと
想われます。

 又その間は、(米国の)国民が苦しい思いを
する事と成り、できるだけ早くに導入をされる
必要が有るのかと・・・。

 しかし人口問題から考えると、かなり微妙な
感じもするのが、『 出生と失命の関係 』で
地球全体だと総人口が、過剰になっている事も、
問題視をされている。

 それらの観点から、『貧困地への支援』には、
まず「 明るい家庭計画 」が何を意味すると
言うのかを十分に理解をさせる必要があって、
それらを理解できない場合、『支援などを打ち
切る、減少させる』などの対策も必要になると
想われます。

 貧困地で産まれた子供達が、後の人生にて、
「先進国の支援が無ければ自分達が産まるれず、
中途半端な支援によって、後の人生を人として
苦しむ事を強いられたのでは、『貧困支援』に
値をしており、『貧困解消の支援』と言うには、
至ってない」などと主張をされても、先進国が
反論できない状態にあると私的に考えています。

 『文化的な侵食』だと言われる宣教師などに
よる活動も、「静かなる侵略」と言うだけで、
何ら神仏、精霊などの存在を説いているとまで
言えず、挙句の果てに不当、不法行為までもを
成し遂げるのだから、暴力団よりもたちが悪い。

 別に宗教の存在を否定するつもりも無いが、
その質の悪さと言う観点にては、その信者との
人間関係を拒みたいと想う人が居たとしても、
何らおかしな事でも無いように想えます。