記事一覧

Russiaが徐々に変わりつつある?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2010/1/2(土) 午後 11:48

もともと共産主義は、保守的なのかも?

 開拓、再開拓、保守、研究、開発・・・。

 現状において、「有る物で造りだす、または、
限られた条件の中で、工夫する」と言う点では、
Russiaなどが優れており、米国側の場合には、
新しい物を造り出す為に、消費的に研究を重ね、
豪勢な装飾で、物の良さを表そうとする美意識
過剰な部分が有るのかと想われます。

よろっちゃ王国では?

 日本国の憲法、他の法規に依存をしていると
言う状態に有ります・・・w

結語

 Animationや漫画の効果が、ここまでに凄いと
驚かされますが、それらを軽蔑していた人達と
言う存在も、今後肩身が狭くなるのかと・・・w

 子供達に、即効性のある学習としては、現在、
GAMEとAnimationが有るのかと想われ、その効果
などは、製品の精密度からも、かなり高度にと
なっていると感じています!

 GAMEをするにしても、歴史的な内容や、
科学的な根拠など、それまでは、小説などから
想像をしていた世界が、飛び出してくるような
感じで展開をする。

 小説などの活字だと、想像性の自由から、
その象徴に統一性がない欠点があった。

 後に漫画が誕生して、固定のCharacterが、
漫画の中で生活するが、それにおける展開の
馬鹿馬鹿しさに、高度経済成長を迎えていた
日本国としては、それを読む余裕が無かった。

 しかし手塚治虫の登場で、小説と異なった
感覚の物語や、落語的に落ちを付けたりする
類が産まれたり、Heroの多くが悪役などから
誕生する等と、興味のある展開が増えた。

 それらは、正義の為の戦い、悪の中から
産まれる正義など物事の真髄が追求された
内容になっており、見た目の偏見や、排他、
軽蔑などを表しながら、客観的に学ばせる
ことにと成功をしている。。

 私の追及だと、それらの部分で「戦後の
日本国のようすを『童話化した』と言った
解釈をしている」のが現状です。

 皆さんも御存知かと想われますが、戦後に
Professional Wrestlingを導入して、国民を
賑わせた現象や、それにて得られた資金等が
何の為に使われたのかなど面白い経緯があり、
現在の暴力団などが闇市を仕切っていたから、
国民の生活が維持できたとか色々あります!

 敗戦当時の日本は、国からの配給だけでは、
とても健康を維持することができなかったと
言われており、誰もが『闇市で栄養価のある
食品を購入していた』と言われています。

 しかし・・・。

 とある刑事裁判官は、そうした民を裁くと
言う立場に有ると言う事から、国から受けた
配給のみで生活を行っていた所、栄養失調が
原因で病弱となった挙句に死亡をしてしまう。

 その出来事によって、「配給制度の改善が
行われた」との話が有ります。

 そこまでして拘った刑事問題ですが、三権
分立の観点から考えると、刑事でなく民事で、
それを国を相手に戦うのが、司法人員の勤め
であったかと想われるのですが、それら行った
人員が司法にいるとは、現在に至っても聞いた
事が有りません。

補足:人の感情と行動

 例えば、誰からも恨まれるような人に対して、
その相手に「不幸や災いが訪れば良いのに!」
っと想うのが人情です。

 しかしその反面で、「その不幸や災いには、
関与をしない・・・」と言うのも人情であって、
『 殺意あれども行わなければ無罪 』と言う
環境で、競い合ってきたのが戦後日本国かとも
想われ、そうした感情をまともに受けたりして
決闘となる事を好むのが、一説での暴力団等と
なるのかと想われます。

 ところが・・・。

 近年では、防御と言う観点が、単に敵からの
攻撃を防ぐと言うだけに留まらず、相手の攻撃
意識までも低下させるのが、防御の範疇に必要
だと言う事が解っており、それらが『自衛』と
言う観点で、健康、健全、防災、防犯などにと
繋がっているようです。