記事一覧

独自の百科事典? - Cuba

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2010/12/16(木) 午後 6:17

そう来たか・・・

 WikipediaなどのInternet上における百貨辞典から
それらと異なり、独特の国風による百貨辞典が登場!

 今回は、Cuba(きゅーば)の百貨辞典!

結語

 歴史などは、独特の観点があったり、学習などで
『刷り込み』によって、どのようにでも解釈すると
言う事が可能と成ってしまう。

 しかも文化向上の足枷に成る事もあって、大いに
問題視がされる。

 逆に、人の正義感や政治的な倫理観を操作すると
言う事が可能に成るために、国際的な観点からは、
注意視されている部分でも有る。

 特に、『国際関係で協調性が無く、軍事的など、
非人道的な体制を維持しつつ、世界的な倫理上での
観点から、不当、不法な利己体制で国家形成を維持
する場合、世界規模での脅威として判断をされる』
のが現状かと想われます。

 しかし!

 逆に、そうした国際関係を利用して、自国の民を
統治する周辺諸国の対応も有る。

 これは、『排他意識の逆利用』とされる心理的な
反作用で、好きなものに関心を抱かせるのでなくて、
「特定の物(者)に対して、敵対心を抱かせつつも、
それにおける共通点から同期的意識を強めると言う
手段』であり、誰でも簡単にTrapの餌食に成る。

 私の追及だと『いじめ』なども似たような現象で
構成をされており、Scapegoat(いけにえ)的なる
存在と成ってしまう。

 NazisGermanでのJudea人虐待におけるHolocaustも、
『 排他と結束 』と言う人の弱い心理部分などを
悪用したのかとも想われます。

 ちなみに『 排他と結束 』の現象は、宗教団体、
政治団体、不思議と警察関係や、各防犯協会などでも
使われている。

 その現象は、どのような団体でも見られる現象で、
『 正義観点(正当性) 』が強調をされる団体に
よくみられる現象で、『政治団体』を例に挙げると、
解り易いのかも知れません。

 つまりは、『名ばかり団体』・・・w

 更に、『名ばかり現象』もあって、偽称や偽装、
などでも使われる現象です!

 ところで人も『名ばかり(『名前負け』とも言う?)』
と言う現象が有るのかと・・・www