記事一覧

No.0745 不法行為としのて自覚

配信 2007-09-24
=== 元祖・万(よろずがく)学 No.0745 ===
作成 2007-04-28
課題 不法行為としのて自覚
副題 YahooBlogs2007-04-28記載 無犯罪都市計画

==== 犯罪の自覚なし ====
 自己における行動制御が行えないと言う場合、
その責任過失が別枠で問われ、それが俗に言う
精神鑑定などである。

 ちなみに無条件で「過失無し」と判定される
と言うのが、少年保護法などに値するのかな?

 その点では、近年での義務教育による児童の
知的犯行や行動責任、判断が十分に認められる
との判断から、その保護範囲の年齢が下げられ、
社会的にも疑問視がされている。

==== 不法行為を認識させる ====
 児童などにおける立場では、犯行においての
「認識力が無い」と言う事が前提となっており、
成人に至っては、「業務上の過失」としてでの
分野が設けられている。

 『児童の過失』に付いては、犯罪に関しての知識、
制御性の能力に欠けていると言うのが、児童の
保護領域に値している。

 『成人における業務過失』では、あらゆる分野での
業務に接する事となった成人が、結果として犯罪
行為を行ったが、当人の自覚としてわ犯行意思が
無いことが認めらた場合に限られている。

==== 未成年の過失 ====
 未成年の過失には、「結果的には、犯罪行為となって
しまった」と判断される行為が該当されますが、近年の
未成年者における犯行では、「犯罪意識が十分にある」
と言う『犯罪意識を持って行動』をしている点が問題視を
されています。

 成人、未成年を問わずして犯罪行為の動機などには、
人が行う活動への責任が課せられる点にもなっており、
もっとも重要視される。

==== 計画と準備、そして空想 ====
 ちなみに「空想」などでは、その罪が問われない事が
ありますが、犯行準備や計画を表記していると言ったり、
それらを第三者が証明できたり、第三者に告げていたり
するならば、その内容によって刑罰の対象ともなります。

==== 結論としては・・・ ====
 現行上での少年保護法の難点や、犯罪行為としてでの
児童における行動責任などについての論争では、かなり
保護的な意味合いでの政策が取られています。

 しかし現在における小学校の中学年程度であるならば、
犯罪に意識と行動に関する責任などは、おおかた理解を
できる年頃である。

 その微妙な時期に対し、義務教育において「犯罪と、
行動」などとしての学科を義務付ける事で、「犯罪的な
行為と責任」についてを十分に理解させる事が求められ、
それにおける責任を問うというのが、防犯的効力と犯罪
行為としての認識と言う観点での問題を解決できるとの
判断をしています。

 逆に「社会的な常識」とされている一般人の常識は、
私の人生経験からも「その殆どが常に非常識である」と
判断をしており、法的な根拠にも乏しい日本国民達が、
口にする「一般常識」には、個人的な正義感においての
観点でしか語られず、更に「御都合的な発言」としての
対処が殆どである。

 成人や大人としての立場から、未成年者に対してでの
「常識的に考えれば解るだろ」との発言は、未成年者が
犯行などの不当行為を行ってしまったと言う結果の後に、
発言する行為は、例えると「どこぞの政治、経済学者が
出た結果に対して回想を発言するに等しく、結果として
でている数値や物事に対して問われるのは、反省や改善
であると言う点を、学者が筆頭になって怠っているとの
悪循環の如く、未成年者の犯罪行為に対しても動揺にて
対処されている。

 日本国民の成人であれば、未成年者の保護範囲として
どの程度を保護範囲として考えるかを問うのであれば、
暴力行為での争いごとがSportsへの転化まで行えるとの
能力や環境が求められ、更に知的な犯罪行為などでは、
GAMEなどへと転化して、その衝動的な意識を正統的にて
中和させる事が求められる。

 私達人間には、今日までの人類的規模で種の保存的な
本能などに伴い自衛や保護をされてきた。そうした基本
本能が生命としての根本的な基本となると言うのならば、
そこから、どの様に学習や知識を得て進化して行くかが
重要点であって、義務教育における観点だと、それらを
知的、体験的認識に至るまでを学習する範囲となる。

==== 日本国民としての責任 ====
 子供達の成長を喜び、他人の子供達の成長までもを、
祝福すると言う観点では、最低限必要な条件と環境等が
必要となるが、それに対する国民としての日本政府への
要望なども明確にする必要もある。

 そうした「おざなりになっている社会問題」などにて
発生している日本国内での事件、事故などの観点として、
日本国の万民にも、国営への意見、改善案の提出などを
含めて怠慢であると言う責任が課せられている。

 一人二人の意見に対して、同調して行動するならば、
確かに大衆的な意向も在り、似非民主の活動の如くにて
その動向が多数決により判定され、小宗派を弱者として
扱いつつも、その存在を「おざなりにする行為」などは、
軽蔑であり、日本国憲法課での平等の意思に反している。

 むしろ小宗派の保護を重視するのが国会や政策であり、
平等の観点から例え少数派であっても共存的なる環境を
分け与えると言うのが憲法の観点であり、それら配下に
法規制によって抑制される分野もあと判断をしています。

 想像から、創造へ・・・。

 皆さんならば、何を生み出すことができますか?

=== 笑いの電動コケ師達 ===
万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪

<お題>
万学的、不法行為としのて自覚

天才 利益効率で人は、判断をする!

博士 人は、少しづつ世代を重ねて倫理を学ぶのだ。

秀才 法律で規制されていない行為にも問題がある!

HIRO 良い国、探そう現代日本人! 出国自由だ♪

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =