記事一覧

No.0737 人と言う言葉は、二人称である。

配信 2007-07-13
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0737
*======================*
作成 2006-11-09
課題 人と言う言葉は、二人称である。

 でわ一人称は、なんだろうか?
己、自ら、俺、私などでわないでしょうか?

 ならなぜ、”人”が二人称なのでしょうか?
人と言うのは、自らも含まれそうなのですが、私の個人的な
解釈だと、”人”は、自分であるなら自らを客観的にとらえた
言い方であって、通常だと”私、自分”などと表現される。

 そう、自分自身が”私は、人である”と言う表現などでは、
自らを客観的に表した言い方では、ないでしょうか?

 敬称文字としての表現では、多くの学者が人と人とが、
支え合っている様子を意味していると教えているようです。

 つまり、人と人、個人=私、他人でもありつつ人と言う
生き物が支えあっているのが、人であるわけなのですが、
でも、面白いですよね?

 人が人を支えているなら、”人人”ですよね?

 そこで、出だしの”自らをも客観的に表現する言葉”と
言うのが、適用されるのです。

 人=人が人を支えている≠人人である

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、人と言う言葉は、二人称である

天才 人は。自らを含む固体であるが客観的表現である。

博士 個人だと、己、私、俺、自ら、などが用いられる。

秀才 彼、彼女、あなた、自分も、人であると解せるだろう。

HIRO ”人でなし”の私には、縁の遠い御話ですなぁ〜♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =