記事一覧

「代理母出産」の公募に40人!?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/8/24(金) 午前 9:47

ファイル 8774-1.gif

認められてたっけ?

 YahooNEWSによりますと、「代理出産」を募集したら
40人の募集があり、20代から50代の広い範囲で、
希望者がいるようです。

 でも、「代理母出産」って認められてましたっけ?
問題点
 代理母出産には、大きな問題があると言われてます。
それは、民法で言うところの問題と、医学的な問題と
複合的に発生をしています。

1.妊娠から出産までのRisk(りすく)
2.どのような形で、妊娠させるのか?
3.母体に悪影響が出た時の対処法
4.医学の意味合での遺伝
5.感染病などのRisk
6.中絶、流産などの問題

A.戸籍上での問題
B.親族(親権)、相続の問題
C.妊娠後の辞退による中絶の問題
D.報酬の問題

 私が思いついただけでも、かなりの数がありますが
それらを法的に規制する必要もありますが、それらを
踏まえて、代理母出産が国内で許可されていたのかが
問われるところです。
でも、女性の心理も解らない
 「産んであげたい」と言う優しさからの観点とは、
別枠で、その報酬について関心があります。

 女性の出産には、母体的に多くの危険を伴いますが、
それに見合うだけの報酬があれば、満足をするのか、
それとも報酬が無くても「代理母出産」をするのかが
非常に関心があるところです。

 女性の皆さんの本心を知りたいところです!

 でも、女性が子供産むと言う喜びは、なんとなくに
解るのですが、「自分の子供でない出産」をするとの
観点を考えると、『生物学的な戦略の観点』からでも、
あまり良いとわ言えないのが本音です。
別枠での考え方として
 子宮の移植、人口子宮、その他の臓器から転用的な
子宮造形などの分野からでも、研究を進める必要性も
求められているのわないでしょうか?

 私が思うに、女性の身体において、移植、若しくは、
多臓器から出の転用をして子宮機能を補うことなどが
可能なのでわないかと言う点です。

 奇怪な医学的現象として、男性でも妊娠をしたり、
突如と性転換をしてしまったりする、医学事例なども
報告があるようですから、それらを考慮するならば、
「代理母出産」よりも、法的な判断での心配が不要に
なるのかとも想われます。

 しかし妊娠、出産行為自体が身体的に行えないとの
言う理由では、子宮と言う部位を考えても意味が無く、
相対的な意味合からでの可能性からは、薄れてしまう。

 又、「不妊」と言う問題には、女性側だけの問題と
言うわけでもなく、男性側に「無精子」だった場合は、
どうすれば良いのかなども、考える必要があります。

 女性にとって、どのような選択が良いのでしょう?