記事一覧

No.0730 主婦の知恵は、どういう発想で生まれる?

配信 2006-11-22
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0730
*======================*
作成 2006-09-19
課題 主婦の知恵は、どういう発想で生まれる?

 主婦の知恵って、どう言う発想で生まれるのでしょう?
夫の収入から家計を遣り繰りすると言う状態は、企業の
経営者並みの能力を必要とするのでわないだろうか?

 つまり限られた経済事情から、工夫して食事や炊事、
消費される光熱費や税金などの支払等の支払があり、
更には、将来の展望への貯蓄も考えないとならない!

 結論的に、家庭と言う運営を任されている事になる。
そして旦那や家計に対して出資をしている家族の人達。

 家族は、自らの生活を維持する為に家計へ出資する。

 家計を任された人は、その出資金を元手に家事等を
行いつつ、家庭と言う共同生活を行うのである。

 家族は、共同生活に含まれないとの概念もあるけど、
「人は、夫婦(男女)一対と言う概念」は、宗教上で
太古からあるけども、それと平行して同性愛等もあり、
人類の発展的概念から見れば、夫婦や男女であっても
寝食を共に生活をしていても、その個々の人格などを
考えるならば、”共同生活”と言う言葉が妥当です。

 さて、そうした状況から”主婦の知恵”なるものが
生まれてきたのですが、限られた条件の中で他人より
人生を楽しめる手段を工夫すると言う事は、向上心の
表れでもあるが、そうした意思が文化的な発展を助け、
今日の世界基盤を作っている。

 男性でも限られた人材の能力や発想が認められて、
企業に採用され収益となるが、誰でもが持ち合わせて
いるはずの向上心が男性の場合「収益にと繋がらない
発想や能力は、無駄である」として、社会的に除去を
されてしまうことが多い。

 そうした個人の発想や能力を”趣味”として活かし、
Amateur(あまちゅあ)の分野で、世に貢献をしている
科学分野は、日本でも沢山あります。しかし趣味にも
換えられない場合には、結婚を経た男性の人生などが、
「主婦への奴隷の如くな生活」として表現される事も
少なくない。

 主婦の知恵も、”夫の趣味や好奇心”も発想的には、
同じであって、それらを豊かにすることが文化向上に
つながり、更にわ家庭生活の向上、社会環境の向上へ
繋がるのだと考えています。

 そのような発想を持つためにも、自分の生活空間を
むしろ制限を見出すことで、それ以上の効果を求める
動機付けにするのである。

 男女を問わずして、実施してもらいたい発想です♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、主婦の知恵は、どういう発想で生まれる?

天才 家族への愛情から生まれるのである。

博士 向上心から生まれるのである。

秀才 日々の機転から生まれるのである。

HIRO キャベツ畑とか、コウノトリが運んでくるとか?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =