記事一覧

肝炎予防 『ばなな』 ?!

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/10/30(火) 午後 5:53

ファイル 8782-1.jpeg

今回の写真

(∇〃) .。o(この画像は、Internet上で拾って来た物です♪)

『口移しで・・・(*^・ω・^*) ッポ!』

(∇〃) .。o(おまえら、虫歯移っちゃうからな!って、歯が無いんだっけ♪)

肝炎予防『ばなな』?

 日経 Science 2007年10月号 P17 にて、
『肝炎予防ばなな』に関する記事が記載されて
おりました!

食べるVaccine(わくちん)

 食べるVaccineとは、得に発展途上国において
感染病を予防する為に、注射などでわなくって、
食べ物を用いてVaccineを投与できるようにとの
ことを目標にし、『注射の要らないVaccine』と
言う分野での開発があったようです。

 その研究に対してIndiaの研究TeamがB型肝炎の
Vaccineとしては、『ばなな』を使用するのが、
良いとの結果に対しているそうです。

他にもあるの?

 もともとは、『じゃがいも』を用いての研究が
先行をしていたらしいのですが、『ばなな』だと
生でも子供でも好んで食べられることが予測され、
『じゃがいも』のように調理をしなくても済むと
言う発送があるらしい。

 しかし私の推測では、貯蔵と言う観点で考える
と、『じゃがいも』の方が優れているかのように
思える。又、輸送なども比較的に簡単なのかとも
思われます。

結論

 もともと野菜や果物の存在が、健康を維持する
と言う観点で、古来から重要視をされてましたが、
農作物の産業において、色々な化学薬品を用いて
毒素を蓄積させてしまったり、公害などによって
汚染をされてしまったり、むしろ人工的悪影響を
受けている。

 逆に、有機農業、自然農法などがあって、
これによって、天然に近い状態で作物を生産する
試みもある。

 しかし現状だと世界中の自然環境が、広域的に
何だかの汚染影響を受けているとされ、遠海でも
既に、その汚染が指摘されている。その例として、
妊婦が遠海にて、捕獲された魚などを大量に摂取
することは、好ましく無いと厚生労働省が注意を
促すほどに至っている。

 近年では、国外からの食材に対して農薬などの
問題が浮上をしているが、当然に加工品などでも、
話題になりそうなのですが、それらが摘発などを
されたと言う話題が無い。

 むしろ、少しぐらい摘発されていると言うなら
検査が厳密であると感じるのが、一般大衆心理で、
国民としては、微妙な感じ・・・(。-`ω-) ん~♪

 そもそも野菜における効能を熟知して、摂取を
すると健康を維持できる。又、漢方などの分野も、
有効であると言われていますが、その調合などが
難しいと言うこともあって、近年わあまり利用を
されていないようです。