記事一覧

人の皮膚から万能細胞?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2007/11/22(木) 午前 9:12

$FILE1_c

そもそも『万能細胞』って何だろう?

 ES細胞の存在は、前から話題になっていましたが、
今回は、『万能細胞』と言うのわ耳に新しい。

 日本と米国の研究者達が、それぞれ別々に、
人の皮膚から『ES細胞』と同じ全能性を持つ
とされている「万能細胞」をつくり出すことに
成功をしたそうです。

<参考 CNN.co.jp>

『万能細胞』の特徴

 今回の『万能細胞』を使用する最大の利点!

 未分化状態の人工多能性幹細胞については、
世界規模の人類的な倫理問題にも値をしている
『人の受精卵や卵子を使用する必要がない』と
ことだ。

 『万能細胞(人工多能性幹細胞の場合には、
患者自身の遺伝子を使って拒絶反応が生じると
言うことなく移植できる細胞を作り出せるた。

 更に治療用に使用を出来る細胞として利用が
期待され、人体形成の修復が求められるような
病気や傷などに対して、有効だとされている。

今後の展開への期待

 薬品として加工されたり、培養された細胞を
直接患部に外科的に投与されたりなど、色々と
方法があるのかと想われますが、それぞれにて
臨床検査などが行われてみないと、適応性での
判断が行えない。

 私的な想像だと遺伝子上の欠陥により発生し、
それによって疾患にと至っているような場合は、
万能細胞を只単に培養して投与しても、正常に
修復される可能性が無いように想える。

 しかし、その場合であっても問題が生じてる
遺伝子の部分を人工的に、更に治療してしまい、
その後に投与をすることにより、自己回復的に
健康が改善されることが見込まれる。

 特に着目をされているのが、骨髄性疾患にて
白血病となる場合には、これまで他人の骨髄を
必要としていたが、自己の細胞から形成された
物が使用をできるために、拒絶反応等の発生が
無いとされている。

結論

 今回の医学的開発は、人類の貢献に対して、
Internet以来の大発明になるのかもしれません。

 しかしInternetも遡れば、Computerの存在を
含めて軍事的な意味合から発展をした物であり、
後にてNetworkを形成し、更に世界規模で広がり、
『人類(地球)の脳神経細胞』にと例えられる
までに至っている。

 今回の『万能細胞』は、間接的な自己修復で、
軍事などに纏わって開発された物でわない様子。

 つまり人類の歴史では、人類と言う規模にて
発展的な開発が行われるばいには、その背景に
軍事がある場合が多く、軍事開発からの転用で
私達の生活に役立つものへと転化されている。

 意外にも「そんなことは、ありえない」等と
想われる人も多いかと思いますが、営業等では、
完全な戦略論が組まれてる場合が多く、悪徳も
その戦略を悪用している。

 間接的な自己回復機能は、自衛概念の追求を
促進させ、人として自由を求める為には、まず
『自己を知る=自己追求』ことにあり、「己を
知らずして敵を知ることを無かれ」と、解いた
過去の戦略分野における偉人が居る。

 利益の追求を奪い取るような考えと、利益を
産み出すと言うのとでは、大いなる違いがある。

 Diamond(だいやもんど)は、一見して高価で
あるのですが、『金』が元素であって地球上で
増殖する事が無いとなると比較的に、どちらに
価値観が高くなるか?

 しかし、『金』と言う物を科学的に人が考える
ようになったのは、近年の話であって、それ迄は、
貨幣流通論にて解かれているように、人類規模で
その価値を認められている存在であった。

 人口も、『金』と同様に、その価値が問われて、
まがい物の金銭が一時的に広がったり、金に次ぎ、
銀、銅などの鉱物も世界規模で共通な価値がある
とされて、各国で独自の通貨に加工されて使用を
されていた。

 限りある物と、比較的に多くある物と、そして
その利用価値などが問われる。

 私は、『金』を求めたい。

 但し、『金』を追求する場合には、錬金術師の
ように執着をしてわならない。

 人として金のような存在であることを求めたい。

 ・・・『金銭の金』でなくてよ?

日本国、国家からの警告予測>

 特定の収入を得るための義務は、憲法によって
万民に課されており、それにおける就労にて得た
収益にて、自己の生活を安定的に保てる状況にと
自活的な経済活動を維持できる範囲で、追及せよ!

 だろうね・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪