記事一覧

適度な夫婦喧嘩は、健康に良い?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/1/25(金) 午前 1:50

ファイル 8804-1.gif

異議あり!

 只単に、Stress(すとれす)の発散と、
興奮による血液の循環や、その他における
結構や色々な面での向上が期待をされると
言うような事は、日本の小学生でも解ると
言う課題なのが・・・(。-`ω-) ん~♪

夫婦の喧嘩よりも

 SEXがより良いと言う事が解っている。
但し、双方において、どちらかが、それを
拒否すると言う状態から、それに基づいて、
夫婦喧嘩が始まると言う場合も多い…w

喧嘩による興奮との違い

 医学知識が然程に無い私でも、想像等が
付くのであるが、喧嘩など人が攻撃的なる
状態になり、双方で攻撃防御を必要とする
緊迫した状態には、瞬時に体が反応などを
行なわないと、襲われてしまうことがある。

 これは、動物的な本能から考えても解る。

 つまり敵に狙われ、逃げるなり反撃等を
するにしても、瞬時に全身が的確に反応を
する為に、それに適した身体状況を瞬時に
作り出さなければならない。

 さもなければ、餌食となるのである。

 これは、動物的な本能で言う攻撃防御の
本能的な行動であるとも言える。

 しかし、其れによって興奮をした場合は、
とても攻撃的である。

じゃぁ~、『やらしく』に興奮すると?

 実は、興奮の意味合が変わってくるのだ。

 攻撃と言うよりは、身体的に必要な運動を
こなす為の興奮が必要である。

 性行為を自慰でも、相手同士と行なっても
経験者なら解るかと想われるが意外に必死に、
絶頂を求めてしまい、其れに対して身体的な
運動が、行われている事が解る。

 女性にしてみると、「どうして男性って、
あんなに、腰を振る必要があるのか?」と、
想いつつ相手が振らないと自分が想いっきり、
腰を動かしていたりする・・・w

 私の推測では、刺激を我慢しようとすると、
それにおける抑制力によって、覚醒作用等が
生じるのかと想われるのである。

 ちなみに女性には、膣圧なる性器の圧力が
ありまして、出産にも大いに関係をしている。

 努力と言う言葉は、誰のためにあるのかは、
あえて、ここで言わない・・・爆
 

最近の夫婦は・・・

 喧嘩と言うよりも、決闘に至る場合があるの
ことからも、勧められない。

 特に喧嘩と言うのは、論争により興奮状態に
なってしまい、言葉の暴力などで相手を攻撃し、
精神的な苦痛を与える行為である。

 しかし、その言葉の内容を端で聞いていると、
それ程に、面白い様子は、無いといわれている。

 また、Hと異なりまして、興奮をすると言う
感覚が異なるので、身体的な負担が大きいのだ!

 やはり優しく徐々に興奮をしたいと言うのが、
大人の希望であるのかと想われる・・・www

 ・・・まぁ~、時と場合に、よりますけどね♪

(-ω☆)キラ~ン♪

 これ、そこの女子高生!

 上の口と、下の口から、涎(よだれ)が垂れてる!

(T▽T)アハハ!