記事一覧

『うつ病』は、食生活を改良することで改善できるのか?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/2/7(木) 午後 4:04

ファイル 8811-1.gif

心の病気と言えない『うつ病』

 『うつ病』は、これ迄の研究において、
長年、『精神的な心の病である』と定義を
されていた。

 しかし現代医学による科学的な追及では、
脳内にある分泌液の影響によって、病状が
発生をする場合もあることが指摘をされて
いる状況にある。

物理的な原因

 『うつ病』の全てが、脳内分泌液の影響を
受けて発生をしているとわ言えないようです。

 逆に言うと、とある条件がそると病状等が
発生するのであって、反射的な作用として、
『うつ病』があると考えたた方が良いのかも
知れません。

 つまり『うつ病』でなくても事故の後遺症
などにて『傷跡がうずく』、虫歯等における
軽い痛みを堪えようとするなど、何かしらの
身体的な苦痛などを耐えようとするならば、
それを自己の心理にて制御しようとする人が
いたりする。

 その場合、一般的にわ『空腹』等の生理的
現象を含め『いら♪いら♪』すると言うのが、
一般的な人の心情のようです。
 
身体が生理的に求めている物を理解する?

 食事などを意識なく留めてしまうと『いら♪
いら♪』とする事がある。

 寝る前などの時に幼児が『ぐする』と言う
現象が時々にあるのですが、不思議とToilet
(といれ)にて用を足させると『ぐずり』が
治ることも多いようです。

 『食欲、睡眠、性欲』の以外にもあらゆる
要求を身体が行なっていても、それの理解を
自己が行なえない時は、『いら♪いら♪』の
原因や、それを押し殺す事を慣習にすると
『うつ病』などの原因になるようです。

依存?

 依存症の第1原因として、『依存する事で
補えること』が主原因であり、心身体内にて、
『製造、処理』できない物を他に依存すると
言う行動などは、生物学的にも当然の行為と
言えるようです。

 但し、依存される側が何なのかによって、
有益だと言えない場合もあります。

 結果的には、憂鬱感が長期に続き、物事や
挙句の果てに人として生き続けることまでも
苦痛になってしまう。

 自殺、覚醒物質依存の原因には、憂鬱感が
主原因になっているとも言われており、更に、
自傷行為なども、それに含まれるらしい。

『うつ病』における私の独学における解釈

 尚、私の独学の解釈であれば、次のように
想っている。

}}}
 人は、苦痛を観衆にして生きて行く事が、
できない・・・とわ言えない。

 適応力があれば苦痛を快感に変えてしまう
場合もある。

 しかし一般的にわ苦痛を、どのようにと、
解消をしようとするか?が焦点となるのだ。
}}}

 人体医学で言う所の身体生理学を理解して
いないが故に発生をする憂鬱感は、日常でも
多く発生をしている。

 それを対人に求めるのが一般的であって、
人の場合いは、大抵が両親、親友、宗教にと
依存されてきた。

母、父と子供の関係による『うつ病』の解消現象

 幼児は、不思議なもので、物を作り出す、
そして壊すと言う二つを繰り返すのですが、
お気に入りを壊されると、怒るのである。

 母親が常に幼児を観察し、その気分等を
理解しようとする。

 泣く時間、泣き声、しぐさ、等によって
子供が言葉にて表現をできないことなどを、
理解しようとするのである。

 それが一般的には、母性と呼ばれている
現象であり、『母が子を育てる心理』等を
意味してるが、その心理は、突き詰めると、
男性にもあるが、社会慣習上で気持ち等が
あっても、それに関与しないだけのことだ。

 ちなみに幼児教育を経て助成が強くなる
と言われるのが世間一般的な亭主の嘆きと
言う形で、表記されるのですが、育児等を
行なっている主婦は、私の推測だと大学院
並みの研究力が必要である!

 それを『男の威厳』で押さえつけるのが、
父方(男性優位)社会の現象である。

 よって母は、幼児の身体的な生理要望に
答えるべく努力をして、子供の憂鬱などを
取り除こうとする。

 その心理を息子が、母に成人に至っても、
続けると、『まざこん』などと、非難等を
される場合がある。

宗教と『うつ病』

 宗教は、論理的に『うつ病』解消すると
言うことが、私にわ解っている。

 つまり母、父、友人などは、それまでの
人生経験や、憶測から色々と助言をすると
言う事で、憂鬱感を取り除いてくれるが、
『死後の世界、之までに経験をしたことが
ないような物事への不安』等を宗教分野が
取り扱っている。

 まず解っているのが自殺を防止している
宗教がある。

 逆に、それに触れていない宗教もある。

 人は、不思議と『憂鬱感』を取り除いて
くれる人を、『とても貴重なな存在だ』と
崇める傾向がある。

 それは、自己に理解できない事を、自分
以上に理解し、解消してくれるからであり、
その心理は、依存の始まりである。

 面白い現象で『人は、1人で生きて行け
ない』としながらも、他人との依存関係を
否定する人が居る。

 宗教では、信心よりも、僧侶、賢人にと
『極めを求める人』の為にあり、そうした
極めを求めた人が得た知識を基に、助言を
受けるのが宗教と言う存在の価値でもある。

 逆に、宗教的地位を上納金などによって、
定める経済宗教は、そうした助言などを、
金銭営利に転化した団体であると言える。

精神修行で、一般人でも体験できるのが断食

 これは、人の生理的な現象の一つであり、
必要不可欠な行為である。

 それを意識的に制限する事に挑戦をする
と言う事が、己を知る(自己を理解する)に
重要な要点を与えてくれる。

 断食には、宗教習慣で中東地域における、
Ramadan(らまだん)がある。

 『断食』に関する内容は、このReportでは、
ここまで♪

『自殺の心理』と『うつ病』

 細胞学においてApoptosis(あぽとーしす)
と言う現象がある。

 これは、不要とされる細胞が自己消滅を
行なう現象であり、一般人の感覚で言うと
「細胞の自殺」である。

 憂鬱感が最終的に行き着く所は、自殺で
あるのかと想われる。

 逆に、その反発が『世間の破壊心理』で
Terrorismの根源に成っているとも想う。

 つまり、その反発心が不条理であるとの
考えを得抱く理性の高い人ほど、自殺や、
自傷を実行するのだとの結論に達している。

 そこにわ『自我の壊滅』から新たなる
人格を育成しようとすることで、成り立つ
宗教団体があり、それによって悪事などを
平然と行わせる事も可能である事などが、
解っている。

自衛の概念

 自らは、欲して、この世に産まれて来た
わけでわない。

 しかし、それを肯定してしまうと自殺を
肯定してしまう事にも至る可能性がある。

 その倫理を保つための口実が、色々なる
分野で試されてきた。(宗教などでも・・・)

 しかし結論的には、自尊心や自衛力等に
欠けるが故に発生した現象でもあり、人と
言う形で産まれながらも、その価値などを
人として自己理解できない状態にて憂鬱が
発生をすると、とても危険である。

人としての自立

 私は、日本国の憲法、その配下の法規を
之までに主に独学にて学習してきましたが、

(法学部に入籍したことがもあるが、その
学習は、基本的に現状でわ役に立ってない)

それと別枠で、人体医学を自己に必要だと
される部分で、理解をする必要があるとも
想っています。

 私は、心理学と言う観点で、自分自身の
人生を振り返り、あの時に「どう想ったか」
と言う観点を考慮しています。

 別枠で、暴力団などが他人に説明などを
する時に、簡単な言葉で真意を突く説明を
する事があり、その状態を不思議に思った
ことがある。

 そうした状況を今になって考えてみれば、
学者のように孤立したような範囲でしか、
理解ができない言葉を使用し、一般人達を
排他することで、世間的な地位をせしめて
いる各種学者達の言葉よりも、やくざ等の
『悟し話』の方が理解できた原因などには、
『やくざ』使用をした言葉にあったのである。

 『やくざ』や『暴力団』など、一般的に
反世間的な存在とされる人物達が、共存を
試みる為には、それ双方の寄生能力が必要。

 それは、『神仏の極道』と、大差ない。

 そうして極めた生活には、俗世間にて、
使われている言葉で相手に説明する事から
例え話が多くなるが、それでも相手に真意に
伝わる事が多いのである。

 但し、双方で善意の意思がある時に限り。

 相手に、解り易い言葉で諭すのである。

 しかし私は、反世間的活動者を中和する。

結論

 さて、脳内で不足されている物質により、
発生するとされる『うつ病』なのですが、
それを一般の食生活で、補えないのかが、
問われます。

 その観点でわ二種あって、体内で脳内に
必要とされる物質が、作成できるのか?又、
それに必要な食べ物が何であるか?

 逆に体内で作製して無いな場合は、どの
ように摂取すればよいのか?

 少なからず、口径投与の薬品があるのと
言うのだから、腸内吸収が可能であると、
言うことが解る。

 よって、その物質を一般の食べ物などで
補えれば良いのである。

 あなたは、食生活などから自己の心身を
守ることが可能であろうか?

 Mission In Positive ・・・(-ω☆)キラ~ン♪