記事一覧

気が短い子供は、脳の成長段階において生じる?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/2/27(水) 午前 0:07

ファイル 8816-1.gif

感情を司る部位が発達!

 ところが、それを制御する部位が比較的に
発達が遅れることで、制御が利かなくなる。

 つまり喧嘩に限らず、感情が豊かなのだが、
それにおける抑制力が未発達の為に感情にと
行動が左右されてしまうらしい。

 これらは、脳の発育段階での現象だと言う
ことなのですが・・・(。-`ω-) ん~♪

大人の場合は?

1.故意に制御しない

 感情を業と課題に表現をすることによって
利益を得ることができる場合には、制御等を
特に必要としない。

2.発育の欠如

 遺伝などにて、発育的な観点から欠如等が
認められたりすれば、当然に性格等の面でも
大きく景況をする。

 これらの観点から考えると、性格などは、
遺伝的と言われるけども、成長過程における
発育にて性格が大きく左右されるのかとも、
考えられる。

結論

 時代の進化に伴って人体医学においてでの
解明も進んでいるが、遺伝的な感覚などから
考えると、子供を造ると言うことに対して、
若干の戸惑いを、現代人としてわ感じている。

 『親の責任』との観点では、人を造る事が、
過ちを造ることなのか?、子供が幸せにと、
成長を遂げてくれるのか?又それに相応しい
生活環境を与え、維持できるのか?などと、
色々と想ってしまう。

 子供を造ると言うからは、やはり親として
遺伝的な責任も負うのかとも解される。

 ( ̄ω ̄)=3 ハァ~ 私の子供って・・・w

(T▽T)アハハ! 想像すると笑いながらも、涙が出てくる・・・爆