記事一覧

方言で、患者と病院側で意志の疎通ができずらい?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/3/9(日) 午後 6:38

言葉の壁

 日本国内でも、特区によって外国人医師などが
参入する事が決まりましたが、当初からの不安な
問題で、言語における患者とのCommunicationが
ありました。

 今回では、同じ日本人でも方言により、患者と
医療機関側とで、隔たりができてしまうことが、
問題となっており、それを解消する為に、方言の
Database(でーたべーす)が作成されたとのこと。

つまり、外国人に限らず同じ日本人でも・・・

 医療を提供する側の人員は、比較的に標準語を
得て学習を経てるのですが、地方の一般市民は、
地元から離れて生活をした事が無い人も多い。

 それによって、言葉に相違が生じてしまって、
看護医療などの分野でも、支障をきたしていると
言う状態にある。

 そこで、登場したのが方言のDatabaseであって、
それを使用することで、医療側での行為を円滑に
行えるようにしようと、試みたものである。

でも・・・

 そうした方言の理解が医療機関側にて行われる
行為であって、そうした観点からも医療機関側に
課せられている負担が年々に増大する一方にある。

 つまり一般市民側でも、本来であれば健康等を
維持する為の日常努力が必要であって、それらを
怠る事が無いように、努力をされたいと思うのが、
医療側人員の本意であるようです。