記事一覧

『乳がん』の移転を誘発する超遺伝子が特定された!

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/3/18(火) 午後 8:12

ファイル 8825-1.gif

之によって得られる利点は?

 どの種類の癌(がん)でも同じく、転移の
可能性や、『がん細胞』の発生については、
色々な腫瘍(しゅよう)Marker(まーか)が
使用をされ、治療などに役立っている。

 私も実は、血漿検査機関で少しの間だけ、
仕事をしていた・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 その時にわ腫瘍Markerなどを含め、色々な
検体を、検査する機械にと設置したり、その
補助を行なっていた。

 さて、今回の記事における、『乳がん』の
移転を誘発する超遺伝子の存在なのですが、
之によって、早期の治療や予防などの検討が
今後に期待されると言うことです。

癌の転移

 『癌の転移』と言う観点では、同じ癌でも、
その形式によって、転移速度が異なるとされ、
個人差も含めて数多く存在をしているらしい。

 そもそも『癌(がん)』は、奇形細胞にて
形成をされる事が解っている。

 つまり細胞として遺伝子が何だかの影響で、
奇形化し、それが繁殖し発生をするとされ、
その発生する箇所や細胞が、数多くある事で
『癌』と言う言葉だけでは、理解するのは、
難しい病気とされている。

 しかし、この『がん細胞(つまりは、正常
細胞と比較するなら奇形細胞)』の存在は、
健康体である普通の身体において、通常でも
常に発生をしている状況にある。

 それをMacrophage(まくろふぁーじ)が、
摂取して分解をしてしまうのである。この、
Macrophageは、白血球の一つでもあり、免疫
細胞の一つでもあって、日常に発生している
『がん細胞』や『病原菌』などを摂取しては、
分解していまう機能を持っている。

 例えるなら体内の生理学的な警察官と言う
感じである・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

つまり、癌って?

 その『Macrophageが摂取をしない』ような、
又は、過剰に増えてしまい摂取を仕切れ無い
と言う状態に陥ると、『癌』が発生をすると
言う事になるらしい。

 つまり『癌』とは、健康体の細胞と比較し、
奇形な細胞であって、人体医学上においては、
悪影響を及ぼすものである。

 一般的には、腫瘍(しゅよう)と言った、
病名で呼ばれ『悪性、良性』があり、その内
『悪性の腫瘍を癌(がん)』と呼ぶのである。

 逆に『良性の腫瘍(人体の構成上において、
不出来、奇形的でわあるが、健康を損ねるに
至らない)』と言われても正常と言う観点で
考えれば、異質的な存在である。

 近年の女子においては、若い時期から子宮
筋腫を患う人も多く、悪性と言われなくても、
その経過によっては、後の出産に悪影響等を
及ぼす事があることが、指摘をされている。

===腫瘍の男女の差 ===

 人として生命、人体に悪影響を及ぼすとの
観点で、男女共に共通する部分がありますが、
性別によって固有の腫瘍が発生することが、
その身体構造の違いからも解ります。

 しかし女性の場合には、男性と比較をする
ならば、その身体構造から特有のRiskがある。

 つまり女性特有の癌がある為に男女共通の
医学知識だけでは、把握をしきれない状態に
あるのが現状でした。

 近年は、女性自身が『自らの身体と女性と
言う観点での身体を守る』と言う感覚にて、
『婦人科医』を目指す女性も少し増えている。

 ところが実際には、患者の数が多くなり、
実質的な研究にまでは、手が回らないのが、
現実らしく、結果的にわ大学病院などにての
精密的な研究に頼る他は、無い状態にある。

まんも♪

 『・・・ぐらふぃ~♪』と言う言葉抜けて
いますが・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 このMammography(まんもぐらふぃー)は、
X線で『乳がん』を発見する方法である。

 しかし用いるのは、X線であって、それの
意味合からは、微妙視されている。

 現在では、CT-Scanがありますが、
それ以外にも、X線を用いないMRIScan
(核磁気共鳴画像法)などもあります。

『乳がん』の発生原因?

 一説では、乳房内の血行などが悪くなり、
新陳代謝が、行われ難い状態に陥ってしまう
ことなどが指摘をされている。

 これわ身体的にも、『乳房』が身体的に
どのような役割を果すのか?などの観点で
問われている説であり、母体的な愛撫と、
授乳、異性への性的象徴以外では、然程に
機能をしていないことが、指摘をされてる。

 男性の場合は、『陰嚢(いんのう)』が
あるのですが、女性と比較して日常では、
隠れているところでもあり、もし何だかの
理由にて、切除されても、女性と異なって
外見的な意味合での精神的な負担が少ない
と言われている・・・(。-`ω-) ん~♪

 ところで男性の乳房においては、外見の
形的に、その存在が認められるが機能的に
退化をしており、女性と比較にならない程
である。

 しかし男性も、第二次性長期を迎えると、
一時的に乳頭の部分に『しこり』を感じる
時期もあり、成長が進むにつれ無くなって
しまうのである。

(∇〃) .。o(保健体育『5』の知識♪)

 さて成人女性における『乳がん』の防止
などでは、常に体全身が血行が良い状態を
保てるような服装や、食品などの摂取等を
心掛けつつ、適度な運動なども必要であり、
『仲の好い夫婦』でわ『乳がん』の発生が
あっても、早期発見をされやすい・・・っと
言う冗談めいた逸話もある。

 しかし『転移性の高い癌』では、結構や
新陳代謝が良いと、転移する速度も速いと
言われているので、注意が必要である。