記事一覧

二日酔いの原因は、Acetaldehyde(あせとあるでひど)?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/4/27(日) 午後 9:02

ファイル 8830-1.gif

そもそも二日酔いって、なに?

 二日酔いとは、前の晩に御酒を飲み過ぎてしまい、
翌日になっても、肝臓で分解しきれないAlcoholや、
Acetaldehydeが体内に残ってしまい、脳をまひさせて
酔いの症状を引き起こすとされています。

 特にAcetaldehydeが、顔を赤くしたり、吐き気や、
頭痛を起こす原因と考えられますが、医学的な根拠と
言う意味合では、未だ確信性に乏しいらしい。

御酒を飲まない人には、解らない?

 既に知られている二日酔いに関する現象で、焼酎と
日本酒では、日本酒の方が二日酔いになりやすいと、
言われています。

 これは、その成分が異なるからと言われています。

 焼酎、[ Whiskey(ういすきぃー)]は、蒸留酒ですが
日本酒は、基本的に蒸留酒でわありません。

 逆にWine(わいん)も蒸留酒と思われがちですが、
Wineも蒸留酒でわありません。

 蒸留酒は、Alcoholの成分などが整っておりますが、
日本酒などは、『自然発砲のまま』となっているので
その構成が複雑で、肝臓などが分解する作用なども、
追い付かない程になるとのこと。

 之によって御酒の成分が十分に分解されないままに
寝た後も残ってしまうので、日本酒が敬遠をされると
言われる原因になっています。

(∇〃) .。o(私は、御酒を常飲しませんが日本酒が好きですね♪)

御酒の効果

 皆さんは、御存じないのかもしれませんが、御酒は、
上手に飲むと『百薬の長』と呼ばれる程に体に対して
健康的な飲み物であると言われています。

 これは、適度のAlcohol摂取であれば、血行などをも
良くして、食前酒などに適用すると食欲も向上すると
言われています。

 更に、御年寄りなどが穀物などの食べ物を、歯等の
関係から食べ難いと言う状況になっても御酒を飲むと
ある程度の栄養を摂取できるようです。

 私の考えでわ御酒は、本来だと年寄りが飲む物で、
穀物などを食べる時に、必要な歯などが高齢の為にと
無くなったり、余り運動を行えなくなってしまったと
言う御年寄りの健康を保つ為には、最適な飲料物だと
考えています。

 そこで『酒は、百薬の長』なのかと行き着くのです!

(∇〃) .。o(実際には、どうだか知らないけど♪)

近年の日本国では・・・

 御酒を好きな未青年も少なく無いといわれており、
その反面で、喫煙者が大夫減っているとされています。

 しかし未成年の飲酒は、法的に認められておらず、
と言う状態なのですが、どっかの法学部は、未成年を
引き連れて、『新入生歓迎会』などと名称で、時にわ
法学部の大学教授や、関係者なども参加させて宴会と
なるようです・・・(。-`ω-) ん~♪

 そうした輩法学関係者を摘発するにわ春と年末年始、
容赦なく、居酒屋Patrol(ぱとろーる)をすることで
摘発が可能となる。

 将来的に、そうした輩司法人員に、まともな法的な
公共Serviceを提供できるわけもないと思われる。

 ・・・意外に、裁判官とかでも居そうなんだよなぁ。

・・・( ̄ω ̄)=3 ハァ~

おまけ

 日本酒は、酒税法でわ清酒とされておりまして、
仏教的な隠語で、般若湯(はんにゃとう)と呼ばれて
いたそうです。

 しかし昔の日本酒は、殆どが『どぶろく』に近い
物であったと言われており、『甘酒、御神酒』等にも、
『濁り酒』との名称で、使用をされていたようです。

 ちなみに、日本でも古来から子供が御酒を、飲用する
節句などに用いられる『おとそ』と呼ばれていますが、
大人でも結婚式などに、振舞われる御酒として有名です。

 その呑み方に作法がありますが元来中華人民共和国の
風習を引き継いでいると言われているようです。

更に余談ですが・・・

 桃の節句とされる『雛飾』りは、最上段にいる夫婦が、
天皇、皇后を表しているとされています。

 ちなみに五月の子供に日では、男の子の節句とも
呼ばれており、『男の子の発展を祈願する』日でも
あった。

 この鯉幟(こいのぼり)の風習も元来は、中華人民
共和国での風習だったらしく黄河を遡る鯉にちなんで
飾られたものであり、『男性の出世を象徴する』との
意味合があるそうです。

 現在は、保育園、幼稚園でも行われておりますが、
宗教上の影響から、七夕を含めて行わないと言う所も
あるようです!