記事一覧

産婦人科に、過剰なClaim(くれーむ)をする夫の存在!

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/5/20(火) 午後 7:41

過剰なClaim(くれーむ)をする夫?!

 さて今回登場をするのは、近年における医療
事情において、産婦人科が減少傾向にあるとの
指摘がある。

 その現象に更に輪をかけるようにと、妊婦の
夫による、過剰なClaim(くれーむ)対応がある。

原因は?

 病院の利用者は、ある意味でわ御客である。

 しかし患者でもあると言う観点から、御客を
選べないのが、辛い所であもある。

 こうしたDilemma(じれんま)は、顧客相手に
店舗展開をしている業務であれば、有償無償等を
問わずに、悩むところである。

 利用者側である妊婦の夫が、過剰にServiceや
要望を請求することが問題視をされている。

そもそも・・・

 産婦人科と言う分野にも拘らず女医が少ないと
言う点でも、多いに問題がある。

 その昔ならば、いざしらず、現行における医学
展開では、女性でも産婦人科になれる状況にある。

 又、利用者である患者としても、その多くが、
女医を求めているのが現状である。

なぜ、産婦人科、婦人科が減少傾向にあるのか?

 私の推測だと、比較的に地味な分野でわあるが、
医療としての装飾に、以外に資金を必要としてる
点が挙げられる。

 利用者も、白塗りの壁より、桃色の壁色を好む
傾向にあったり、色々な可愛らしい装飾などを、
求めつつも、医療的な分野としても最新の医療を
揃えて欲しい所である。

 そうした要望を満たすという観点では、意外に
資金を必要とするが、婦人と言う分野に限られて
居る状況にあり、需要と供給の関係があっても、
経済的な関係を保つには、利用者からの収益が、
低くなってしまう事が、原因らしい。

 又、通常の病院や医師でも、多少の専門的なる
知識があれば扱える医療行為が多く、現在では、
産婦人科が減少傾向にあっても、婦人科総合病院
(女性専門の病院)と言う観点での展開が女医に
よって徐々に広まっている。

 しかし先の経済的な営利問題から、急速なる
病院設置の展開は、期待ができない状態にある。

だからこそ・・・

 厚生労働省などの公的な機関によって、総合的
婦人科(産婦人科を兼ねる)町病院の設置などを
支援する必要があり、それと同時に、支援を行う
病院側からは、日々における医療業務の状況等を
公的機関にと情報提供するなどの綿密な関係が、
求められている。

 ・・・と言うことで、総合婦人科の拡張を促す
Reportを後に作成をしてみる・・・Σ(〃▽〃) ♪

(∇〃) .。o(司法分野が、おざなりだが・・・♪)