記事一覧

米国では、性器Herpes(へるぺす)が深刻な世間問題を抱えている?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/6/12(木) 午前 7:36

性感性症となる性器Herpes(へるぺす)

 米国における性器Herpesの感染率が高くなって
いることが指摘をされている。

 感染者が全米の19%にも達しているとの事で、
その内の26%が、New York(にゅーよーく)に
在住する人だそうです!

 男女別だと、男性がの19%で、女性がは36%、

 人種別だと白人が14%で、黒人が49%だとの
ことです。

・・・(。-`ω-) ん~♪

 私の知る限り、この病気に感染をすると完治する
と言う事を確認することができないと言われており、
表見的に治っていても、滞在的に体内に残っている
場合もあると言うことです。

 尚、女性の場合わ男性よりも深刻で、月経の度に
病状が発生して、精神的にもかなりの苦痛となると
言われています。

 初感染者の約7割が無症状との報告があるらしく、
無症候性 (症状が出ない) 性器Herpesの感染者が、
多く居る事を、警戒する必要がありそうです!

どんな病気?
 この性器Herpesと言う病気は、水泡を形成した
後にて潰瘍(かいよう)となり痒(かゆ)みや、
痛みを生じさせるそうです!

余談ですが・・・

 日本国内での性病に纏わる問題では、Chlamydia
(くらみじあ)などがあり、次いで肝炎Virus等が
指摘をされている状況にあります。

 又、AISDも併合して感染する場合などもあり、
かなり深刻な問題として取上げられています。

 こうした観点から、各自治体の保健所などにて、
無償で、性病感染に関する検査などを行っている
状況にあります。

 私も『PodCastの番組ねた』として検査を受けに
昨年行った事がありますが、意外にも男性よりは、
女性の方が検査依頼を多く、受けていたようです!

・・・(。-`ω-) ん~♪

結論

 近年では、婚前に性交渉を行う場合も有りますが、
むしろ、そうした乱交性によって病気が蔓延すると
言われております。

 しかし近代文明における離婚の原因は、その7割
以上が夫婦間の性交渉に纏わる問題が原因であると
言われているようです。

 そうした観点からも性に纏わる問題が絶えないと
言う状況にあります。

 ちなみに、よく言われる交際相手との性交遊にわ
Condom(こんどーむ:日本でわSkin<すきん>とも
呼ばれている)を使用する事が勧められていますが、
その後に結婚を考えている間柄なら、当然に避妊を
する必要が無いことからも、感染する恐れを妨げて
いるとは、言えないようです!

 よって愛する人と健全なる御付き合いをするなら、
自己的にも、そうした交遊前に、自らの健康などを
調べておく必要が在りそうです。