記事一覧

男性の包皮切除が、HIVの感染を防止する?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/8/6(水) 午後 0:52

・・・。

 どう言う根拠なのだろうか?

 その詳細が明確にされておりませんが、私が個人的に察するに、露出していない
性器の先端と、露出をしている場合だと皮膚の構造が異なると言う観点からでの
根拠かと想われる。

 人の皮膚は、露出をしている部分ほど頑丈で、口の中と顔の表面との状態等を
比べると解るのかも、知れません。

 これ同じく、男性の性器も包皮から、露出をしていると、表皮が丈夫になって
HIVに感染しないと言う根拠らしい。

 逆に日々に包皮に守られている状態と言う場合には、皮膚間が弱くなっており、
激しい性交を行うと、傷が付くと言った場合も有り、そこから感染をすることが
あると言うのである。

別の説でも男性器の包皮切除は、有益?

 実は、女性の『子宮頸がん』なども、防止する事ができると言われている。

 男性器の包皮が過剰に被さっていると、そこに垢(あか)などが貯まり、衛生の
関係上で好ましくないと言われている。

 また、そうした性器を女性の性器にと挿入する事となる場合もある。

 男性側では、日頃での環境から多少の免疫があっても女性側にとっては、脅威
となるのである!

 こうした観点からも、性交前に体を、清潔に保と言う事は、重要になる。

 しかし過剰な清潔感にも問題があって、人体的な免疫力を低下させる原因にもなる。

 人に基と備わっている免疫力の効果は、免疫効果を発揮すべく必要性があるから
存在するのであって、その必要が無いと言う場合には、退化する傾向にある。

 よって適度な・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

日本では、どうだろう?

 日本国では、男性器の表皮を露出させる医療は、真性包茎(医学上、包皮の露出を
させる事ができない状態。幼児期の男性器などは、真性包茎状態にあるが、成長する
ことによって、露出が可能になる)だけが、医療保険の対象となり、仮性包茎(常時の
露出をしていないが『有事』などにおいて、性器が包皮から露出できる状態を意味する)
と言う場合では、各々が御風呂などにて、包皮を剥いて洗うことが可能であると言う
人が多い文化となっている。

 常時に露出をしていると言う日本の男性は、むしろ少ないと言われている。

 又、日本人男性の9割以上が自慰による射精や性的な快感を得ようと試みる経験が
あるとされて、それらの常習により包皮が伸びてしまっているとも言う説がある。

 しかし、基本的に男性器は、勃起状態と沈静状態とでは、性器自体の伸縮があって
その関係上から、縮小時(つまり沈静時)などでは、包皮が当然に被っている状況に
なるのが普通でもある。

 尚、世の御母さんが過剰に心配をして、幼少期の子供の包皮を、剥いてあげようと
試みて、性器に傷を付けてしまうと言ったことも発生しているようです!

 しかし一般的には、思春期を迎えた男子程度の時期から包皮が自然に勃起や陰茎の
成長に伴って、自然に露出するのであって、陰茎が未熟な状態で、過剰に露出などを、
試みるのは、むしろ危険である。

 女性的に例えるなら第二次成長を迎えていない女子が、一生懸命に乳房の拡大等を
試みても、然程に意味が無いとの同じかと想われる・・・www

 又、乳頭陥没においても同じで、むしろ乳頭陥没で例えた方が男性の包茎に付いて
理解しやすいのかもしれない。

補足

 男女は、身体的に差が有ると言われてる状態にありますが、もともと原型的には、
同じとされています。

 実は、出産を経験したことがある女性も把握をしていることが少ないようですが、
もともと人体は、胎児の段階で両性的にと初期の段階で発育して、更なる成長などを
遂げると言う段階で、徐々に性別が確定をする変態を遂げている。

 男性にも退化した乳首があり、女性には、退化した陰茎となる『陰核』が残っている。

 しかし個人差があって、女子の場合には、陰核が退化し過ぎてしまい、男性の包皮と
言う感覚での意味合から、露出ができないと言う女性も居たり、逆に陰核を切除する
と言う文化もあるのが現実である。

 陰核を露出できない女性は、その分だけ刺激を受ける事ができないとも言われる。

 俗に言う女性器内でのG-Spotは、男性の前立腺に値する部分の名残であるとも言われ、
男性でも、肛門から前立腺を刺激されると、比較的に女性と似た性的快感を得る等とも
言われている。

 これらの観点から、男女の身体と言う意味などでは、もともと共通点が多い事が解り、
もともと同一体であったことが解る。

 それらを宗教的観点から過剰に引き離すと言う試みによって、人類規模での不和が発生
することなども解っている。

 私の知る限り、男女の区別を明確にすると言う文化が強まった時期には、大規模な争い
などが人類史において生じている。

 この観点からも融和理論者としては、男女と言う意味合での『性の融和(男女が共に、
生きて融和して生まれるのが、子孫である)』と言う解釈から、同性の医学的意味合による
性別確定を超えて、(つまり自然的な性別の確定を超えて)、同性が恋愛をすると言った
行為にも、極める所だと「心身的な融和との結果(=現代迄の医学だと不作な愛とされて
いた)」では、医学の進歩から、遺伝子的な交配を可能にして、同性でも子孫を残せると
言う事を、不完全であるが可能にしている。

 また私の説では、現状の人体で女性が主体となって、両性的に身体の進化を遂げると、
男女差が無くなるのかと想っている。

 これは、『AdamとEve』における神話での逆説となる。

 男性は、人類繁殖の補助的な生物であって、結論的に精子を女性に提供する事や、女性の
存在を守る事が、此れ迄に主体と理解される文明が多かった。

 逆に、活発な男性的な行動をする女性達を過剰に排他(軽蔑などを含む)することにて、
その男性としての世間的な地位を守っていた。

 しかし文化が発展をするに連れて、女性が男女平等と言う観点から、積極的に世間的な
貢献にと参加を行い、家庭だけを守ると言う文化が西洋的な文化思考を基に、変わりつつ
あって、それらを皮切りに、あらゆる部分で恋愛に纏わる部分が、各文化にて独自的にと
文化発展を遂げている。

極論・神仏と人との融和

 さて、結論から明記をしよう!

 人は、欲して極める所の末に、神仏等との融和を求めるのかと想われる。

 この心理が意外にも私の理解では、単純であって、近親相姦の願望と大差が無いのかと
想われるのである。

 つまり性交の結果は、子孫の誕生であって、
本能的に求めると言うのを美化すると『愛』と言う言葉を一般的に使うが、結果的に『愛』
と言う言葉は、『約束された有形的な未来』であって正確には、一般人や宗教団体などにて、
使用される『愛を欲する』は、『無形的欲望』と言う事になり、生産能力の無い人が求めると
言うだけの状態を意味する。

 この『生産能力の無い人が求めるだけ・・・』と言う現象が児童心理の観点から等からでも
解るように、『欲する=需要、与える=供給』と言う関係を生じさせて、その依存関係等が
過剰になると、一君主義が誕生する。

 あらゆる宗教信者の悪い点は、需要だけを求める輩信者が多く、それを悪用する団体の
幹部も、人における自由的能力の阻害と言う観点では、問題がある。

 あらゆる宗教においても、結論的に人員の自立性が求められている。

 但し、その自立性と言う観点で問題があり、人が一人で生きて行けても、文化が発展すると
言うわけでも無い・・・(。-`ω-) ん~♪

 自立するべく個性と、集団的に補い依存の関係を保つ事で、共存を司るとの関係では、
負義の無い相対関係が必要となる。

 体力に自身のある人は、体力的な労働を!思考に自身のある人は、そうした分野にての
活躍を!

 しかし人が欲する所、自由の観点からでも自己の身体に予めに備わっていない能力や、
それに適さない能力を欲する場合がある。

 ここでは、男女と言う観点からでも自己の性的な不一致における性的な自覚障害を例に
するならば、それに限らずとも必要とされるのが、現代だと二つである。

 性転換医療を可能にした現代だからこそ、性転換に挑むか、自己の性を認識する訓練
などをするか?

 此れまで人類は、二極化して物事を考えて簡易的にする傾向にあったが、その原因は、
男女にあるのかと想われる。

 PCの基本言語は、二進数であると言われ、善悪、電極の+-など、太陽と月、光と影、
あらゆる部分で二進的に考えられていた。

 逆に数学論だと16進数でも2進数にて、表現ができるのである。

 しかし地上における物質は、どうだろうか?

 結論的にHIVの感染を予防する為には、『不作とされない愛』でも、人を造ると言う
責任において、其れ相応の責任などを十分に把握をして、不毛の地で繁殖をすると言った
行為を止めれば住む事なのかと想われる。

 HIVの感染より、人を産み、その子供が背負う不幸の方が、倫理上に問題があって、
過剰に『貧困を支援する愚か者達とされる、偽善者団体の活動』には、嫌気を感じている。

 貧困地で生活をする人員に必要とされてる能力は、先進国のCameraに向かって物乞いを
する行為で無く、そこから抜け出る知識等を得たいと言う人としての欲望である!!!

 彼らは、それを求めることが可能になれば、必然的にHIVの感染率が減少をする。

『融和 MY Sunshine 計画』

 不毛の地にて、貧困と病の危機から、そこにて定住を試みる文化人々は、解放されるのか?

 実は、貧困の地で生活を強いられている人達は、現代の先進国人員よりも、より高度な文化などに
挑まなければ、必然的にならないのである・・・。

 性的な快感よりも、もっと快感なことを創造をすると言う欲望が、貧困地の人々をあらゆる危機
などから救うのかと私は、考えている・・・。

 貧困から抜け出るための能力を身に付ける事に対する快感が性的快感を超えて、かつ不本意なる
人口増加を避けられたなら?

 聖書、仏典などを配っていませんが日本国ので憲法や法規なら、書店やInternetなどにて、その
教えを確認できます♪

 あ、申し遅れました!

 わたくし日本国の民、その一人です♪