記事一覧

India(いんど)の生殖補助医療って?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/11/11(火) 午後 9:47

ファイル 8874-1.gif

法律などの観点から・・・

 広くは、宗教的な倫理性などの問題から、
生殖補助に纏わる医療では、色々と問題が
生じているようです。

日本の古い文化では・・・

 代理出産と言う言葉は、平成になっての
言葉かと想われます。

 しかし実際における日本の文化感では、
子供を授からないと言う場合においては、
その血統範疇にある親戚と実際に性交を
行うなどして子供を設けたと言う事実も
あるようです。

 その事実は、遡るとかなり古い人類の
歴史から行われていた血統維持に纏わる
方法であって、日本でも皇室の歴史から
みて見ても、その事実が解ります。

捕捉ですが・・・

 近親婚なども、その昔だと有ったとも
言われており、特に高位なる世間的地位
などを得た者が、その位を世間的からも
守るように、血統を重視した子孫を残す
ことによって、有効としていた。

( -ノω-)こっそり♪<実際だと血統よりも、幼少期の生活環境が大きく人格に影響している♪

(∇〃) .。o(思春期になると、陰核を刺激するが・・・♪)

結論

 宗教的観点、つまりは、文化的観点で
物事を制限されたり、無制限であったり
する場合があり、其々の文化感によって、
人類が多種に渡って、一つの現象などに
挑んで行く事となる。

 しかし、突き詰めると・・・。

 不思議と、それまで対立して争ってた
過去の状況が一転して、その結果原因を
全人類が科学的に立証することによって、
融和的且つ、全人類が認めたに等しいと
される一つの事実となり、歴史に刻まれ
栄光を称えられる。

 Nobel(のーべる)賞等も、それらの
観点から唯一に、公的博学的人類規模の
真実の利益として称えられる、一つかと
想われます。

( -ノω-)こっそり♪<各国の勲章制度なども、あるけどね♪

(∇〃) .。o(私も勲章の一つぐらいは、欲しいのですが♪)

生殖補助

 つまりは、受精と受胎、そして妊娠、
出産と言う、人の新たなる誕生の過程を
どこまで医療で、倫理的に補助を出来る
かと言う点が焦点となる。

 その倫理性と言う観点は、各文化にて
異なる範疇となるので相応に世界規模の
情報を入手したい部分でもある。

 やはり、その為には、相応の情報網が
必要であり、情報を得て、それを改めて
送信する者と、情報を提供する者とでの
関係や、門外不出の情報など・・・w

 っと言うことで、日本国のMass Media
と言う観点では、世界148カ国分との
観点での情報網を得る必要があるのかと
想われますが・・・。

( -ノω-)こっそり♪<外務省機関の各国々に設置された大使館は、情報収集をちゃんとしてるのか?

(∇〃) .。o(外務省のHPを見る限り、大した情報を得て無いような・・・♪)