記事一覧

卵巣の移植から、無事に出産♪

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/11/16(日) 午後 0:31

臓器移植も本格的?

 よく解りませんが、近年になって一気に
臓器移植が盛んになってきたようです。

特にASIA地域にて・・・

 貧困地における臓器の売買は、人身での
売買などと同じく、時として、それ以上の
利益があると言われています。

 とある地域の人達は、臓器を売り生計の
困窮を凌いだと言う人も居るようです。

 また死刑囚などからの臓器提供なども、
有力視をされているようです。

 がぁ~!!!

 必ずしも、臓器提供者の身体が健康体で
あるとも限らず、更に移植先の人体とので
適合するとも限らない。

 こうした観点から考えると色々な意味で
移植と言う行為には、危険が付き纏うよう
です・・・(。-`ω-) ん~♪

さて今回の記事では・・・

 卵巣を移植した女性が、無事に出産迄を
迎えたとの事です♪

 その子供が後に、どう生きるのかまでは、
解りませんが・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 今回での移植には、一卵性双生児となる
相手方から卵巣を一つ、移植したとのこと!

( -ノω-)こっそり♪<って事は、男性も・・・?

(∇〃) .。o(もし、そんな事が有っても、実感が無いなぁ~♪)

臓器移植には、疑問視をされる

 臓器売買に纏わる問題では、かなり深刻
とされている。

 特に、過剰な利益が生じる等との指摘が
あって、日本国内での移植では、問題視を
されている。

 しかし海外においては、提供される臓器
などの仲介業者までが存在をしている。

ところで・・・

 輸血と言う行為がある。

 それも一種の、移植であるということを
把握している人は、少ないのかと思われる。

 血液には、色々な物質が含まれており、
それを提供者から、必要の有る人へと移植
されるのである。

 そして古来から話題になるのが売血との
行為であって、覚せい剤などの常習者が、
薬物鵜の購入代金欲しさに、売血行為等を
行うと言うのである。

 しかも、そうした血液によって製剤等が
後に作られたり、輸血をされる事によって、
感染症を引起す場合も有る。

 血液製剤によって肝炎やAIDSにと感染を
する場合なども有り、現在でも裁判沙汰に
なっている。

 しかし血液にも付いても、その昔には、
人の血液でなく、他動物の血液を輸血した
と言う記録も、医学の分野では、あるとの
ことである。

 その結果は・・・Ω\ζ゜) ぽく、ぽく、ぽく、ちぃ~ん♪