記事一覧

No.0700 獄中結婚から更に受刑者の子供が欲しい!?

配信 2006-08-10
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0700
*======================*
作成 2006-06-21
課題 獄中結婚から更に受刑者の子供が欲しい!?

 事件の詳細などは、私の意志として付させて頂き、
事の内容についてを御説明しましょう。

 とある政治的な闘争が発生した時に当該受刑者が
警察官を殺害したとして殺人罪等により無期懲役を
受刑しいてた。

 その後に、受刑者と獄中結婚を行った。

 結婚後、月に1〜2回それぞれ30分間の接見を
行っていたそうです。

 そして2002年5月に”受刑者の子供が産みたい”と
言うことを前提に、刑務所長宛てに『刑務官の立会が
無い面会か、体外受精治療を認めて欲しい』と言った
要願書を提出し「受刑者にも子供を持つ人権がある。
出産を望む年齢の上限に近づいている」との内容等を
含めて願い出たそうです。

 ここで問われるのが、「受刑者の子供を持つ権利、
及び体外受精治療」となるかと思われます。

 ”刑務官の居ない接見”についてを問わないかと
言いますと、「子供を持つ権利が認められた場合は、
夫婦の営みにを、とがめられない事になる」からで、
それが二次犯罪に繋がるかと言う観点などの論議は、
”受刑者の子供を持つ権利”との問いに対しては、
直接関係が無いと、私的に判断をしたからです。

 さて本件で「受刑者の子供をもつ人権」は、主張
されていますが、法規としての包囲をもった権利的
主張にわ値しないかと判断しています。

 もし仮に認められた場合、”体外受精治療”での
受胎行為も、日本国内での医学的倫理においては、
不妊治療などの場合に限られているようです。

 しかし産まれて来る子供の事を考えてみるならば、
そうまでして産まれて来たかったでしょうか?

 また該当受刑者も、自分がもし殺人を犯すような
人間となると産まれる前に解っていたなら産まれて
きたことを喜んだでしょうか?

 ”受刑者の子供を持つ人権”は、もし認められる
と言うならば、産まれて来る子供が他の子供たちと
平等に生活し、また成長して一般的な社会人として
成長を遂げると言う保障が無い限りは、難しいとも
判断します。

 そして、あなたへの究極の選択!
 あなたがもしも、上記内容を判断すべく立場での
人間であるならば、要願書を提出した者や、受刑者、
そして世間の人が納得のする説明を付けて認めるか
認めないかを、判断してみて下さい。

 そうそう、産まれて来る事になる子供の将来をも
考えて・・・。

 
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、獄中結婚から更に受刑者の子供が欲しい!?

天才 罪罰における効果は、制限されることにあるのだ。

博士 代償的な制限があるからこそ罰としての効果がある。

秀才 許可されてたとしても産まれて来る子供が・・・。

HIRO 最近、流行の Silicon Doll なら認められても♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =