記事一覧

児童精神科への受診が増えている?

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2008/12/16(火) 午後 11:25

ファイル 8887-1.gif

家庭で支えきれない子供の精神

 そもそも、親の精神が悪いと言うのが現状であって、
そうした観点から考えると、親の責任が問われてくる。

私の親のように・・・

 私も、他人の家庭を、とやかく言える立場に無いが、
親子関係がなくとも、其れなりに生きて行けるのかと
感じている。

 親子関係が破綻している訳でも無いのに子供として
精神を修復できないと言う状態は、家庭と言う環境で
補いきれない場合、普通だと縋るのが宗教ですが・・・w

( -ノω-)こっそり♪<最近は、宗教の質が悪くて、宗教信者になる事で精神病を生じる人も・・・w

(∇〃) .。o(笑い事では、有りませんけどね♪)

家庭にて、子供にして上げらられる行為とは?

 私の感覚だと、現代人は、自己の健康を維持すると
言う観点で、大いに欠如をしている。

( -ノω-)こっそり♪<団塊の世代が、親の言う事を聞かずに居た性格を引き継いでますよね・・・w

(∇〃) .。o(まぁ~聞かなくても、良いのですが、相応なる情報の収集をする必要が有る♪)

 SASと言う英国のSpecial Air Serviceでは、
軍人でありながら、医学的な知識なども基礎的なる
教育で行われ、その技能を修得する必要がある!

 人によって、軍人を排他する傾向に有る人達も、
『私を含めて』居るのかも知れませんが・・・w

 しかしながら、彼らの能力は、かなり凄いもので
有る事が解っている。

 基本は、自己を守りつつ目的を達成する事であり、
その過程までの邪魔者を処理するなどの能力なども
必要とされている。

 また明確に覚えていませんが、各部隊が各種Mode
(もーど)に対して、特徴有る行動をすることが、
笑い話であるそうです。(米国GreenBeretですけどね)

 その中で「SnakeMode(すねーく)」があって、
以下のように解釈をされている・・・w

1.一般の兵隊
 前進中に蛇を見つけると、驚いて大声を上げて、
逆方向に一目散で逃げて行く

2.Ranger(れんじゃー)部隊
 蛇を見つけたら殺してしまう。

3.海兵隊
 海兵隊は、蛇を見つけると食材にして食べてしまう♪

4.特殊部隊
 蛇を観察しつつ、通り過ぎるのを待つ・・・w

 など、各部隊に期待をされている行動目標があって、
そのModeに基づいて、活動をされるとの事である。

 さてSASなのですが、私が医療分野やSurvivalの
知識を文章的に学んだのは、SASの本になります。

 つまり護身的な知識を得る為に私が選んだ本です。
その影響は、『 MASTER Keaton 』と言う漫画の影響で、
それ以外にも軍事的な分野では、新谷かおる 著作での
「Area88」、『PHANTOM無頼』などの影響を受けている。

 なお、新谷かおる著作に、「ふたり鷹(たか)」と
言う、自動二輪に纏わる漫画もあり、その影響も強く
受けており、自動二輪RoadRace等に挑戦もしているが、
軍事関係の作品では、近年のことであって、少年期の
時代には、漫画としてあまり関心が無かった。

 ちょうど中学生の時期でしたが軍事的には、第二次
世界大戦の実際の出来事に纏わる情報交換で盛り上り、
軍事 Diorama(でぃおらま)を造ったりして遊んだが、
同時期に、機動・・・何とかと言うのも流行った・・・w

( -ノω-)こっそり♪<個人的に好きでない商標などは、明記しませんよ!

(∇〃) .。o(Commercial(こまーしゃる:宣伝)するつもり無いですからね♪) 

児童の精神医療なんですけどね・・・w

 つまり現代児童における義務教育に過信をしている
ことによって生じているのかと想われ、親子間にて、
学ぶべく人間関係などを十分に教えられないのかとも
想われます。

 これは、『一見して放任による影響』とも想われる
のですが、どちらかと言うと『環境に纏わる問題』と
私的には、判断をしています。

 与えられた環境の中で、子供が自由にと遊びますが、
その物が多いと、性格上において、手を付けない遊び
などが生じたりします。

 逆に、遊ぶ道具場少ないと、それ相応に色々と工夫
するのが、子供でも大人でも、見られる現象である。

 近年の親の多くは、自分の楽しみを中心にしつつも、
子供に対する義務は、物資、環境の程度である場合が
多く、それ以上を干渉しないのが、客観的に鑑賞して
楽しむと言うのが多い。

 その関係から、子供が親に相談ごと等をすると言う
ことが少なく、会話も限られることから、子供心情を
把握して、それに対して、できる限りの処置を施すと
言う事を、行わない傾向にある。

 また、友人同士の関係でも、競争関係から真意にて
相談をする相手も限定、また居ないと言うのが普通で、
『相談をされる≠弱い奴=だからこそ、頼られる』と
言う人間関係が成立してしまう傾向があって、それの
関係から男性的な世間だと『善きも悪きも仲間内なら
許される』と言う、奇妙な関係が成り立つ。

 ちなみに、Christ教では、それを神の人との観点で
行われるのであり、仏教だと改新が無い限り災いから
免れないと言う戒め的な観点がある。

( -ノω-)こっそり♪<懺悔したって、神が許しても人が許すと限りませんよ♪

(∇〃) .。o(それを理解できないと♪)

児童心理学

 親は、子供の幼少期で必然的に児童心理を学びつつ、
自己の母性を認識すると言われているようです。

 例えば、赤ちゃんの鳴き声で、母乳が出てくる・・・と
言うように、母体としての自覚に目覚めるそうです♪

( -ノω-)こっそり♪<愛する人に抱かれるだけが、女の喜びじゃないですよ♪

(∇〃) .。o(その愛する人と言うのが、異性に限らないのが現代的ですが!)

 その延長から、子供が思春期を迎えると一転して、
子供の人生に積極的に関与する親と、それに消極的に
なってしまう親がおり、双方共に過剰になると子供の
精神が病む原因になるようです・・・w

( -ノω-)こっそり♪<私の知る限り、Christ系の家庭で育ちながら、精神的病を生じている人も多い!

(∇〃) .。o(親が、自分の指示に従わない子供に対して、精神的Harassmentを行うようです♪)

 そもそも親が、子供を造り育てると言う意味合いを
論理的に理解していない場合が多く、自己の感情にて
衝動的に形成される過程には、論理基礎が無いので、
不安定になることが多いようです!

結論

 っと言うことで、養子を得ることで、製造における
責任は、免れる可能性も有ると言う点と、孤児などに
置ける問題も解消できるとの観点がある事を、不妊と
なっている家庭の皆さんに、理解されたい所である♪

( -ノω-)こっそり♪<人の本能と、人間的理性と言う意味での解釈ですけどね・・・w

(∇〃) .。o(やはり私好みの独身女性(離婚経験が無し)に巡り合いたいですなぁ~♪)

 そして離婚しよう!!!・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

( -ノω-)こっそり♪<嘘ですよ・・・w

(∇〃) .。o(可愛い奥さんと、子供と、幸せに成るんです♪)

 可愛い子供ができれば、世間に提供ができますからね!

 つまり、世間に育ててもらう覚悟ですよ・・・w

 あ!基礎学として、憲法と法律は、親の責任として、
教えておく必要がありそうです!

( -ノω-)こっそり♪<「不当、不法行為をするなら、それなりの覚悟でな!」って・・・爆

(∇〃) .。o(実際に、そんな事を我が子がしたら、この手で・・・御尻、ぺん♪ぺん♪です!)