記事一覧

抗生物質は、指定された期間と量を飲み切ろう!

Yahoo!Blogs からの移行

投稿日 2009/1/25(日) 午後 8:57

ファイル 8901-1.gif

耐性菌の怖さ!

 抗生物質などにて、抑制されるべく病原菌を
患者による自己診断で、病気が改善していると
思い込み、薬品の服用を中断してしまうことで、
駆逐されて無い病原菌が、耐性菌化する可能性
などがある。

この問題は、意外に深刻である!

 色々な分野で問題視をされている耐性菌化の
分野では、Virus系などにて注目をされている。

 最近だと、PCのVirus(いうるす)の方が、
現代人として解りやすいが、Influenzaなどを、
含めて、日本人には、警戒する必要が有る病気。

 その病原菌が、薬剤で駆逐されずに耐久性を
持つことにより、むしろ強くなってしまうとの
現象を意味しているのが、薬剤耐性である!

・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 その現象にて病状が再発した時に、以前まで
使っていた薬剤だと駆逐できなくなってしまう
現象が生じて、それよりも効力の強い薬剤等を
使うことになり、場合によって人体に悪影響を
受ける薬剤などを使うまでに至る事もある。

 そうした現象を防ぐ為にも、抗生物質系での
薬品を、医師からの処方で指導された場合には、
指示の通りに服用することが勿論のこと、もし
服用を忘れた時でも、服用期間を延長するとの
感覚で服用を続けて、指定された量の薬品を、
飲みきる方が良いらしい。

 しかし場合によってなので、その必要が無い
とされる場合には、無理に飲まない方が良いと
想われる。

( -ノω-)こっそり♪<その点では、『らっきちん』が得意な分野です・・・w

(∇〃) .。o(是非に、彼女の助言が欲しいですが♪)

鳥Influenza(いんふるえんざ)

 『inflation(いんふれ)どうじゃ?』などと
言う、経済的なる、病(やまい)もで、問題視を
されますが、新型のInfluenza(いんふるえんざ)
と言う方も、人類的にわ脅威である。

 そもそも病原菌がなぜゆえに、宿主を駆逐して
その固体を増やして、蔓延する体性で、生存する
と言うのだろうか?

 寄生学から考えても、少し奇妙な感じである。

 もしも、この世に寄生するべく生物が居ないと
言う状態に陥ったら、そのVirusも、この世から
消えると言うのだろうか?

 遺伝子の調査を行えるようになった現代では、
あらゆる生物の性格までもを、特定できるとの
時代も、そろそろかと想われる。

 それらを考えると、そもそも、遺伝子って、
万物的に、どのように形成をされたのだろう?

 って、想ったら、調べなさい!

 私のBlogの記事を見ている場合では、無い!

 Internet時代を迎えた現在では、相応なる
情報を入手できる環境を備え持っているのだ。

 つーことで・・・w