記事一覧

No.0693 ”Einstein”は、なぜ過去への遡及に拘った?

配信 2006-07-22
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0693
*======================*
作成 2006-06-09
課題 ”Einstein”は、なぜ過去への遡及に拘った?

 Einsteinの論説によって、”TimeMachine”などで
時間を遡り、過去の世界へと行けると言うSFがある。

 しかし、どうして”Einstein”は、時間の変速から
過去へと拘りを持ったのだろうか?

 私ごとの結論としては、彼が自分の人生における
過失を修正したいとの心情が、心のどこかにあって
そこから、”時間の遡及”にも拘ったのでわないか?

 彼の”光速と時間の関係”には、仕事量としての
錯覚が生じていても、経過をする時間については、
周囲全体が経過しているのに対して、狭い範囲での
比較しか行われていないことから、”移動”と言う
仕事量に関する時間的な差異に着眼している。

 彼の人生において、高速的に、あらゆる理論等を
世に残したが、それわ他の生物と比較して対人にわ
そう感じると言うだけであり、実際における事実は、
”Einstein”も人間としての誕生と死を迎えたのだ。

 つまり、”Einsteinのあらゆる理論”は、現代に
至っても、その科学的影響力が認められてもいるが、
彼自身の人生は、それに至らず終えている事実だ。

 ”Einsteinの思考と生涯”を比較するのであれば、
思考の記録が論文となり、人類の現代文化的にでも
大きな支えになっているが、彼自身の人間としての
存在は、現代に認められない。

 彼の思想は、未来をも予測するが如くに至るが、
彼の人間としての存在は、認められないのである。

 もしも”Einstein自身が過去へと戻れたなら?”
彼は、何をしただろう?

 ・・・卑屈になるな自分よ、将来、他人からは、
人類における天才と称されるのだから・・・。

 ”Einstein”が過去の自分に対し、その一言を
伝えていたら、きっと天才としての彼の存在は、
消えただろう。

 
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、”Einstein”は、なぜ過去への遡及に拘った?

天才 時には、自分の行いが過ちだたと思う事がある。

博士 過去の事実を否定し、新たなる改善に挑むのだ!

秀才 過去は、新たなる現実への可能性を秘めている。

HIRO ♀_(`O`)♪静かな湖畔の森の陰からぁ〜♪
   もう気付いちゃいかがと、過去が泣くぅ〜♪
   過去ぉ〜♪過去ぉ〜♪ これもぉ〜、過去ぉ〜♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =