記事一覧

No.0680 靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)を考える

配信 2006-06-14
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0680
*======================*
作成 2006-04-10
課題 靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)を考える

 靖国神社には、”A級戦犯”が祭られているとの
ことで諸外国からも、その点について指摘をされて
外交を害する問題点とされている。

 しかし”A級戦犯”によって今日と言う日があり、
それにおける事実もまた、変え難い事でも有ります。

 そもそも、大韓民国や中華人民共和国が指摘等を
する観点として「旧大日本帝国は、国連を脱退して
中華人民共和国及び大韓民国本土へと侵略を進めた」
との見当があり、それにおいては、国風としてでの
方向性に対して多くの犠牲者が出たと同時に、戦後
日本国が米国の軍事支援及び軍事的援助を日本側で
支援をする事によって”朝鮮半島戦争”を物資的な
支援を行い、それにおける経済によって戦後の日本
経済が復活したという事実も重なっています。

 これらが外交で、永年にわたる”強請(ゆすり)”
としての原因になるとされています。

 近代に至っては、戦時中における出来事の指摘を
している輩達は、国内外を問わずに、その戦争等に
参加した者でわ無い人物が先導し、暴徒と化してる
団体を引き連れて、民衆の行動を我が物にしようと
する傾向が強く、それにおける力によって政治的な
工作を遂げようとする場合が多い。

 更に私の”損得戦略”で考えるならば反日活動の
背景には、西洋企業における利益しか見えてこず、
日本国、大韓民国、中華人民共和国などの国自体に
損益が出る半面で、外交として西洋企業が有益にと
進みやすくなる結果に至っている。

 話題は戻りまして”A級戦犯合祀(ごうし)”を
分割できるのかが問われていますが、現状において
国会側では、「法規上で関与できない」としながら
参拝に参加をしている状況にあって、矛盾してる。

 国会の判断としては、法規的に宗教に関与をする
事が禁じられているとしても、国家間にける外交で
それを妨げる原因となる宗教行事的な問題点などが
ある場合には、それを宗教としてでわなくむしろ、
”国際的問題”としての観点で捕らえて、それらの
慣習における誤解を和解するべく手段を検討すべく
行動をするのが通常です。

 それを、国会が妨げるとしたら?

 経済利益としての結論として膨大なる損益が出る
だけでわなく、国交間における摩擦から、軍事品の
調達を西洋諸国から迫られ、そして裏にて通謀した
に等しい対西洋関係を持つ日本国における脅威は、
適当に軍事的な刺激を日本国に行うことが、役目と
なっているに過ぎないと推測をしています。

 皆さんでしたら、どう解決をしますか?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)を考える

天才 ”A級戦犯”の存在なくして、今を語れず。

博士 戒めの存在的として別の意味で祭上げられてる。

秀才 外交における拒否理由を用いて西洋と手を組む。

HIRO 日本人は、結論的に”あらゆる戦略に弱い”。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =